☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

光る石



何か宇宙空間に浮かぶ小惑星から翼が生えた風な画像ですが…

この小惑星の正体は先日、糸魚川の翡翠海岸で拾った怪しい石です。


そのままだとこんな感じ。
特徴は、

白と深緑色のまだら模様
すべすべした肌触り
粉を振りかけたような光沢
磁石にはつかない

で、翡翠(ひすい)の場合、光を通す場合があるとのことで、ペンライトの上に乗っけると…


ぼんやり緑に光ってみえる部分は深緑色の部分です。

最初はネットの情報などから、騙されたつもりでやってみたのですが、

…え?思ったより綺麗じゃない?
まさか?いやいやいや…

この石が翡翠かどうかは分かりません。
でも、翡翠の魅力に取りつかれる気持ちが何となくわかった気がします。

…後で糸魚川市の博物館で鑑定してもらおうかしら。  
タグ :観光


2015年10月03日 Posted by きたゆき at 18:55Comments(0)上越

水科古墳群 宮口古墳群

古墳ネタが最近多いですが、
上越市の二つの古墳群をご紹介します。

場所は上越市の南東にある三墓山の近くです。
※この山の名前の由来も気になる・・・

宮口古墳群
(写真はアザミと熊蜂と古墳)


ここも近くにある山も含めて古墳だらけといった場所でした。
写真奥に見える山にも古墳があります。
このあたりの歴史は、このお墓に眠っている方々から始まったのでしょうか。


水科古墳群の写真。




立て看板によると、墳墓の数は34基。
ほとんどすべてが円墳だそうです。
川石を積んで作ってあるのが特徴。
古墳時代の後期ごろのもの。

小刀、勾玉、須恵器などが発掘されたそうです。

ここまでの規模の古墳群は珍しいのではないでしょうか。

こういったものが、われわれ日本人のルーツを示す証拠になるのだと思います。
どうか末永く。  

2015年08月29日 Posted by きたゆき at 13:52Comments(0)上越

カタクリの群生地 春日山城跡

ご無沙汰をしております。
更新するネタはあったのですが、なかなか記事にまとめている時間が取れませんでおりました。

今回は記事というよりかは、写真集のような感じになっております。
(拙い技術ですが・・・)


先月の頭、春日山城に行ってきました。
人生で3回目? 2回目ぐらいです。

カタクリの群生地ということで、知っている方には有名な場所だそうです。

カメラアングルを工夫して何枚か撮影してきました。











おまけ、ショウジョウバカマ


今年シーズンは4下旬~5月上旬頃なので、おそらくもう終わってしまっているかと思います。
写真をとるのもなかなか難しく、逆光にすると花びらが透けて真っ白になってしまったり、
ピントが狙った場所にあわなかったり。

また、ぼちぼち撮影した写真をアップしていきたいと思います。
  

2014年06月08日 Posted by きたゆき at 16:30Comments(0)上越

新潟は海底だった?~フォッサマグナミュージアム~

前回に引き続き、糸魚川市にて。
フォッサマグナミュージアム前、ヒスイ原石らしい。


糸魚川市そのものが巨大な地質博物館という理由がここにくると分かります。
ヒスイはある、化石はでる、何よりフォッサマグナがある。
厳密にはフォッサマグナという帯の西端が糸魚川市、東端が新発田市付近らしい。


もともとは海底だったため、あちこちから様々な化石がでるそうです。
その海底が隆起した際に、ヒスイも一緒に持ち上げられたためヒスイがあるのだとか。

新潟県が海底だった説の一つの根拠で、新津丘陵の石油の話があったなぁとふと思い出しました。
そういった証拠が様々な形で見られるのも、もしかしたら新潟県の特長なのかもしれません。

糸魚川市、また行きたいです。  
タグ :観光


2012年06月03日 Posted by きたゆき at 23:53Comments(0)上越

ヒスイ海岸へ 糸魚川

糸魚川市ヒスイ海岸




本物のヒスイが転がっている海岸。



砂利と石の海岸です。
夕焼けには目もくれず、下を向いて歩いている人がちらほら。

探してみましたが、素人のわたしにはヒスイか否かの判別は出来ませんでした。
ヒスイの特長は、硬い、大きさのわりに重い(比重が大きい)等…

姫川という川が近くを流れており、ヒスイはその上流から流されてくるそうです。
ただの砂岩などであれば、流されてくる最中に削られて丸くなってしまいますが、ヒスイは硬いため、ゴツゴツしたままだそうです。

と、特長を並べてみましたが、それでも本当に綺麗なヒスイは玄人が探しても中々見つからないとか。


糸魚川市全体が地質学の資料館のような、1日では回りきれないほど奥の深い場所でした。
次回に続きます。  
タグ :観光


2012年05月26日 Posted by きたゆき at 21:12Comments(0)上越

妙高山

電車の車窓から妙高山。この日は冬の新潟にしては珍しく天気が良く、あまりにも綺麗だったので思わず撮ってしまいました。
標高2454m。







色々と角度を変えてみたのですがどれが良いでしょうか?
登っていくと野尻湖が見えたりします。

赤倉温泉やスキー場でお世話になりました。
温泉自体は、妙高山が修験道の山という事もあって江戸時代よりもずっと前の大昔からあったそうな。

また、場所によっては臭水が出たという記録が残っている場所もあるそうです。
  
タグ :観光


2011年02月17日 Posted by きたゆき at 12:54Comments(0)上越

商店街 高田偏

 

城下町のつくりにこだわってますよね〜(屋根のあたりとか) なかなかこういった商店街はないのではないでしょうか?

商店街一つとっても、場所によって様々ですよね。




  


2009年08月07日 Posted by きたゆき at 12:02Comments(0)上越

国分寺

 前回、上越市に行ったときのお話。五智というところにある国分寺の三重の塔の写真です。



 国分寺とは、奈良時代に国府に建てられたお寺のことだそうです。昔は別の場所にあったそうで、上杉謙信が現在の場所に移築したんだそうです。幕末の開港も影響し、現在では下越の新潟市が県庁所在地ですが、昔の新潟県(越後の国)の中心地は上越だったんですね。新潟市とは比べられないぐらいの歴史があるわけです。

 上越市周辺は歴史の古い地名がちらほら見られます。新潟市だと沼垂(ぬったり)などがありますが、上越市周辺だと名立(なだち)、頸城(くびき)などなど。上越から富山にかけて変わった地名が多い気がします(富山の滑川(なめりかわ)など)。これも昔からの地名ではないかという気がします。(外れてたら恥ずかしいなface07)北陸本線の駅の名前をみているだけでも面白いです。

 行けば行くほど上越は深い気がします。  
タグ :観光


2009年04月17日 Posted by きたゆき at 12:45Comments(4)上越

春日山

 春日山の天守台から上越市の市街地方面をみたところです。



 2年前の夏からリベンジをしてやっと天守台までたどり着きましたface01天地人ブームと3連休の2日目いうことで人が多いかと思いましたがそれほどでもありませんでした。天守台に10人ぐらいだったでしょうか?

 城の敷地の中に井戸があって今でも水が沸いています。山の上の方にあるので、いざ篭城しても水には困らなそうです。海があってお米が取れて山に囲まれていて外敵に狙われる心配もないとなれば発展しますよね。武田信玄に塩を送るくらいは余裕だったのでしょう。戦国時代の山城で土塁の跡があちこちに残っていたり高いところからの景色が良かったりして楽しかったです。

 春日山城は一応登山道は整備されていますが、ぬかるんでいるところもあって足場が悪く靴は歩きやすいものを選ばないと返り討ちにあいます。夏場の登山は趣味というより過酷なトレーニングになってしまうので春や秋にいくのが自分としてはお勧めです。


  
タグ :城下町観光


2009年03月24日 Posted by きたゆき at 15:42Comments(2)上越

上越市に行ってきました

昨日は上越市(直江津港、春日山)に行ってきました。天地人効果で人混みを覚悟して春日山の登山や資料館巡りをしたのですが、思ったほど混んでおらずスムーズに回れました。春日山のふもとや近くのお寺はわりと人が多かったですが春日山城の本丸まで来る人はそれほどでもありませんでした。
なんだか、ご当地上越市よりも新潟市の方が天地人PRの熱も高いような‥‥‥

後々、春日山の山登りの話もいたしますのでよろしくお願いします。

時間があれば高田にも行ってみたかった(´`)  

2009年03月22日 Posted by きたゆき at 19:46Comments(2)上越

県境 長野 新潟

 去年、妙高をぶらぶらしたときに撮った長野との県境の写真です。



 関川という川にかかる橋の写真です。手前が新潟、向こうが長野です。関川の関の資料館というものもありましたが、残念ながら開いていなかったので日を改めてまた・・・。
 新潟には古くからの街道の名残が結構残っていて、ここは長野の善光寺に抜けるので善光寺街道といったそうです。ここから新潟に向かうと直江津を経て青海川や出雲崎の方に抜けるんでしょうか?「難所!青海川 
」参照face01
 

この辺りはさすがに積雪がすごいらしく、道端の消火栓?が2メートルぐらいのはしごの上にくっついていたり、家のつくりが、1階が倉庫や車庫、2階以上が居住区となっている家が沢山ありました。やっぱり平野部とは全然違いますね。icon04
   

2009年02月23日 Posted by きたゆき at 13:29Comments(0)上越

ぷち予言

この写真は誰でしょう。



はい。泣く子も黙る上杉謙信公です。阿○寛でもガ○トでもありませんface07

新潟の有名人?の中で1番有名と言っても過言ではないような気がします。
さんざん色々なところで紹介され武勇伝も沢山あるのでとくに多くは語りませんicon11

・・・でタイトルの予言なのですが・・・・
icon15


face06今年のバラエティー番組で
「上杉謙信は女性であったという説がある」
がはやるface06

最近バラエティー番組で徳川家康が武田信玄に負けて逃走中に馬上でう○ち
をやっちまったというのをかなりやってましたからこれと同じような雰囲気で取り
上げるのではないでしょうか・・・・・

謙信公、及びファンの方すみませんicon10

別に予言が当たっても外れても何もおきません・・・・・
  

2009年01月28日 Posted by きたゆき at 21:08Comments(2)上越

返り討ち・・春日山城

 春日山城にいったのは2年前のことです。部活の大会で埼玉に行った
帰りに金沢を旅行して新潟に帰ってきました。金沢から新潟に向かう道
中、直江津で時間に余裕があったのでちょっと行ってみるかという気軽
な気持ちで出かけたのが大間違いでした。大会の帰りだったので、遠征
中に使った着替えやら、部活の道具やらが入った重たいバックを肩にか
け春日山駅から徒歩で向かいました。あの山がそうなのかと目指して歩
いていたのですが、20分歩いても山のふもとには至らず、山はどんどん
高くなるばかり。やっとのことでふもとに着いたらものすごい坂道が延々
と続いている。8月の末の夕方とはいえめちゃくちゃ暑い。えっちらおっち
ら山を登るも、足元は不安定だし、蜂には警戒されるし、何より肩のバック
が邪魔でバランスはとりにくいし・・・・・・。二の丸跡までは何とか着きまし
たがここで断念。とぼとぼと駅まで引き返しました。

 金沢城は戦国時代の城ではないので、平地に作られた平城です。しかし、
春日山城は戦国時代に敵の侵入を防ぐために作られた山城です。金沢城と
同じ感覚で行った自分が不覚なだけでした。

 無念なのでいつか体勢を立て直して攻め落としに行きたいと思います(笑)

  
タグ :城下町観光


2009年01月14日 Posted by きたゆき at 16:02Comments(2)上越