☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

佐渡の「のしいか」




佐渡のお土産品。某日に佐渡で入手したものです。
シンプルにスルメを焼いて伸したものです。比較対照として投函されるときに折り畳まれた新聞を横に置いてみました。結構大きいです。


裏側はこんな感じ。
酒呑みにはお勧めの一品です。そのままで良し、あぶり直しても良し、七味マヨネーズも良いですね。

  

2021年05月02日 Posted by きたゆき at 09:46Comments(0)佐渡

朱鷺(トキ)

宮村堅弥さんが書いた「朱鷺」という本を読みました。(恐らく絶版本)東京神田の古本店でたまたま見かけたので。

朱鷺は新潟県の鳥でもあります。学名はNIPPONIA NIPPON(ニッポニア ニッポン)。この学名は江戸時代末期にドイツの学者さんがつけたそうです。

私は実際にみたことはありませんが、朱鷺の羽というのは大変美しいものだそうです。装飾品のために乱獲された時期があり、朱鷺自身も自然環境の中ではそれほど強い生きものでなく、数が激減してしまいました。

朱鷺の「金ちゃん」をご存じの方、いらっしゃいますか? この本が書かれたのはまだ金ちゃんが元気だった頃です。25年ほど前になります。


当時、朱鷺の保護に関して人工繁殖にかけるか、自然のままに見守るか、大変な悩みどころでした。

人工繁殖と聞くと、確実に増えてくれそうな印象があります。しかし、当時は朱鷺の生態に関しての詳しい知見が乏しく、捕獲しても寄生虫や病気などで突然死んでしまう事が多かったそうです。

だからといって、自然のままにしておけば、心ないハンターに打ち殺されたり、天敵に襲われる危険がありました。冬の餌が少ない時期に餓死することもありました。

本書には様々な思いから朱鷺を守ろうとする方々の奮闘の記録が書かれています。
どのような形で朱鷺を守るか。そもそもなぜ守らなければならないのか?

ちょっと人間のダークな部分も含めて様々な事を考えさせられました。

皆様は新潟県の鳥、朱鷺についてどのぐらいのことをご存じですか?  

2011年04月27日 Posted by きたゆき at 20:34Comments(0)佐渡

世阿弥

佐渡では聞いたことがある名前かと思います。室町時代の初期に能を大成させた方です。世阿弥の出生について詳細は不明だそうです。晩年に室町幕府の政権抗争に巻き込まれて佐渡島に流されてしまいました。
前々から気になっていたので、下の本を読んでみました。



この本には白州正子氏が世阿弥の著書を訳し解釈したものです。余裕があれば世阿弥の著書の原文も読みたいのですが、それは後程。

能というと難しいイメージを持たれるかも知れませんが、この本はそれほど難解ではありません。能という一つの芸を極めるための世阿弥の教訓が沢山書かれていました。

初心忘るべからずという言葉を文字にして残したのは世阿弥でした。face01

今の芸人の方やそれを目指す方には通じるものがある内容なのではと自分では感じました。

およそ700年前の教えが現代に生きるというのは、世阿弥が優秀だったのか、はたまた世の中が進歩していないのか・・・icon11

  

2009年10月15日 Posted by きたゆき at 17:39Comments(2)佐渡

両津港にて

 一昨年の夏に佐渡に行きました。両津港にあったお面があまりにもインパクトがあったので・・・
 

 今まで見たことがあるのが、金北山、砂金とりの体験、相川港のたらい舟の体験・・・。ほかにも行きたいところ、みたいところは沢山あるのですが、なかなか暇が見つからなくて行けていないです。 鉱山の工場の跡とか、宿根木とか、伝統芸能とか・・・

 個人的には佐渡は魅力的だと思うのですが、自分だけでしょうかicon11
    
タグ :観光


2009年06月12日 Posted by きたゆき at 12:11Comments(2)佐渡

佐渡島2

 実は去年の夏に佐渡島に泳いで渡りました。カモメに応援されました。icon09



 ウソです。カーフェリーで新潟港から行きましたicon11。ご存知の方も多いと思いますが、このカモメは人間のばら撒くえさを目当てに新潟から佐渡までくっついてきます。えびせんや豆アジなんかを投げると空中でうまいこと受け取ります。ただ油断しているとう○こで爆撃されるので頭上には注意してくださいface07(船内で売っているえびせんはこのためにあるんだろうか?)
人間の餌やりのせいか、この辺のカモメはかなり肥え太っていた気がします。

 佐渡島、一度はフェリーで行ってみてください。とくに、新潟の海は汚いと思っている方にお勧めします。30分ぐらい沖にでたところの海は信じられないぐらいきれいです。紺色といったらよいでしょうか?face05新潟市の海は別にしても、笹川流れをはじめ、県内の海できれいなところは結構あるんですよね。

 佐渡島は幼い頃とあわせて2回ぐらいしか行っていないのでもう一度行きたいなと思っています。

  

2009年03月02日 Posted by きたゆき at 13:19Comments(2)佐渡

佐渡島

今日は無性に歩きたくなったので一時間ほど散歩をしました。

佐渡がすごくきれいに見えたので写真を撮りましたが携帯カメラなので画質は今一(・・;)こうしてみると泳いで行けそうなそうでないような‥‥‥  

2009年02月27日 Posted by きたゆき at 20:01Comments(0)佐渡