☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

石川雲蝶の彫刻を描いてみた その七 「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その六」


悪霊退散悪霊退散。

今回の石川雲蝶の彫刻は、
燕市米納津の本徳寺というお寺にある獅子の彫刻です。
いつもより毛並みの立体感を意識して描いてみました。
御堂の入口の柱、向かって左上におります。
構図としては柱に体を巻き付けるような格好で、首から上が紙面左側を向いているような格好でした。



ちょっと恐めのお顔です。



続きましてコロナの状況です。

データソース

厚生労働省
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年4月2日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17860.html

厚生労働省
ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症について > オープンデータ
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

出入国在留管理庁
トップページ > 白書・統計・資料 > 白書・統計 > 統計 > 法務省の統計 > 【統計表一覧】 > 出入国管理統計統計表
http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_nyukan.html#a01





※ちょっと字が小さくて見えにくいかもしれません。別ウィンドで開いてみて下さい。すみません。

上記グラフはデータソースを元に作成。
左側縦軸は日本国内のコロナ陽性者数(●印)、
右側縦軸は空港検疫でのコロナ陽性者数(◆:外国籍、△:日本国籍 〇:合計)、
下方横軸は月す。
令和2年11月及び12月の陽性者数について。外務省からオーストラリア、シンガポール、タイ、韓国、中国(香港及びマカオを含む)、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾については上陸拒否対象指定が解除となった。このため、これらの国から入国する人々には入国時のPCR検査は義務でなくなった。上記の入国陽性者数の中にはこれらの国からの入国陽性者数は含まれていないと考えられる。令和3年1月14日より外国からの入国は原則禁止となった。




参考:外務省
新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html


今までは、「緊急事態宣言解除」・「Go to トラベルの実施」及び「緊急事態宣言実施」・「Go toトラベルの中止」は原則セットで運用していました。
今回初めて「緊急事態宣言解除」「Go toトラベル中止(を継続)」という組み合わせになり、「Go to トラベル」がない時の感染拡大の結果を見ていることになります。


厚生労働省の報道資料にも緊急事態宣言下で海外から入国した人から変異種が見つかったと記載があるので一部ご紹介します。

一例
厚生労働省(令和3年3月24日)
新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の発生について(空港検疫)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17600.html


昨年の5月頃のように、一度海外との往来を特段の事情無く禁止にしてみたら劇的にPCR陽性者数は下がるんじゃないかなと思う今日この頃です。


  

2021年04月21日 Posted by きたゆき at 21:49Comments(0)独り言

三島億二郎日記をよんでみた その2



三島億二郎日記を読んでみた、の二回目です。

今回は
明治19年3月10日 (第二回北遊記の2)
からご紹介致します。

当時の日本の鉱山産業の実態と(前半部)、
当時の不景気の要因分析に対する所感(後半部)が書かれています。

無い頭で漢和辞典を片手に読んでみました。
およそ以下のような内容でした。

前半部
---------------------------------------------------

★石炭産地の主な場所(カッコ)は現在のおおよその地名

 〇九州
  -三池(熊本県大牟田周辺)
  -高島(長崎県高島町)
  -筑前(福岡県)
  -多久(佐賀県多久市)
  -唐津(佐賀県唐津市)
  -今福(長崎県松浦市付近)
 〇羽後
  -油戸(山形県鶴岡市)
 〇北海道
  -幌内
 〇中国
  -長門・船木(山口県宇部市)
 〇南海・四国
  -小豆島
 〇東国
  -磐城(福島県)
  -茨城(茨城県)

坑業の進捗や産出量の増加は年々見張るものがある。
明治16年の産出高は907539ton 2,623,570円
この内海外輸出は 389541ton 1,357,935円

★銅産地の主な場所
 〇下野足尾 (栃木県足尾)
 〇伊予別子 (愛媛県新居浜市)
 〇越後草倉 (新潟県阿賀町)
 〇羽後阿仁 (秋田県秋田市)

これらに次ぐもの
 〇越前面谷 (福井県大野市)
 〇飛騨神岡 (岐阜県飛騨市)
 〇大和・玄里(奈良県??町)
 〇陸中尾去沢(秋田県鹿角市)
 〇美作瀬戸 (岡山県美作)
 〇長門蔵目喜(山口県山口市)
 〇備中吉岡 (岡山県高梁市)
    帯江 (岡山県倉敷市)
 〇羽後荒川 (秋田県大仙市)
    卒田 (秋田県??町)
 〇加賀尾小屋(石川県小松市)
 
明治16年算出 1176999千斤(1斤≒600g) 736,076円

★銀産地の主な場所
 〇岩城半田 (福島県国見町)
 〇佐渡相川 (官坑)
 〇飛騨上岡 (岐阜県飛騨市)
 〇但島生野 (兵庫県朝来市)(官坑)
 〇羽後院内 (秋田県湯沢市)
 〇陸中軽井沢(福島県河沼郡柳津町)
 〇播磨大立 (兵庫県養父市)

明治16年算出 4383貫881目 928,119円

輸出760,046円 輸入2,352,511円 輸入超159万余
------------------------------------------------------
前半部以上

改めて日本って全国各地に鉱山資源があったんだなというのが新鮮な感覚です。
地名とか見てますと、〇〇財閥とか〇〇製作所とかにつながるものも見られます。

当時の鉱山資源の輸出内訳みたいなものがないのかさがしてみたところ、
経済産業省のHPにこんなものがあったのでご紹介します。

経済産業省
統計>本邦鉱業のすう勢調査>本邦鉱業アーカイブス
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/honpouko/tokei.html

この三島億二郎日記が書かれたころより十年以上後のデータなのでそのものズバリではないですが、
なんとなく雰囲気が感じられればと思います。


引用データは以下の通りです。
「明治三十九年 本邦 鑛業ノ趨勢」
「-第四章 鑛産物の輸出入」の内、明治36年と記載のあるデータ






明治36年の輸出額の内訳を見てみると石炭と熱銅が主力の輸出品だったことが分かります。


次に、世界での石炭及び銅の産出量を示します。
「明治三十九年 本邦 鑛業ノ趨勢」
第三章より、明治36年と記載のあるデータ











このデータは「ミ子ラルインダストリーより摘載す」とありますので、当時の人が、
資料を抜粋して作成したものだと思います。

石炭については北米、イギリス、ドイツがぶっちぎりですが、日本が8番目に記載されています。
本資料にも「本邦ハ實ニ第八位ヲ占ム」と記載があります。

銅については北米がぶっちぎりですが、意外にも日本が上位にいます。
銅山と言えば栃木県の足尾銅山が有名ですが・・・


ちなみに下記のような資料もあり・・・

幕末、明治初期における石炭輸出の動向と上海石炭市場
杉山伸也著
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sehs/43/6/43_KJ00002434370/_pdf/-char/ja

当時は船が物流の主力で動かすための燃料は石炭でした。
という背景があり石炭は重要な資源でした。
さらに、輸出先の上海では日本の石炭のシェアはバカにならない割合だったようです。


ここから後半部になります。
---------------------------------------------------------------------------
不景気の原因

紙幣の減縮、政治費用の増加、このため農民の購買力が減少した。
金価の高騰、貨物供給増加のために輸出品の価格が減少した。
農業者、商業者、工業者の(経済力)が弱る理由である。


封建時代に米が貨幣のかわりの役割を成していた時の効用はどれほど大きかったであろうか。
我が国では雇人の報酬を米で支払い、借金の返済にも米を使い、その他効用が大きかった。
このような状態であったから、貨幣が少なくても用事は足りていた。
今から報酬を全部貨幣で支払うとなった場合、貨幣が大体2億ぐらいとなるのではないか?
私の見立てでは1億2~3千は不足していると思う。米による給料支払いと金による給料支払いで、
後者と取るならば、給料を受け取る人はこの後、財布が空になる心配をするようになる。
これを放置してそのままにしておくと極貧となる原因になる。
外国にこのような疲弊の例はあるのか?

封建時代の納税は決して軽いものではなかった。
しかし、不作やその他予期せぬトラブルの為に庶民の生活に不安が出れば、減税・免税の実施や、
手当を施すこともあった。翌年の収穫があるまで養うこともあった。
これが税が重くとも農民が耐えられた理由である。
今、これに反する減税が必要となる次第だ。
地券証となってから農民の浮沈はひどいものだ。
------------------------------------------------------------------------------
後半部以上

地券について
※国税庁
https://www.nta.go.jp/about/organization/ntc/sozei/network/152.htm
抜粋「、明治政府が明治6年以降行った税制改革であり、農業生産者に米などを物納させる年貢(旧地租)に替えて、土地の所有者に税金(新地租)を課すものであった。」

所謂「地租改正」というものの影響の話かと思います。
奈良時代とか律令政治がとか言われていた時代、もしかしたらもっと古い時代から、農業者はお米を税として納めていました。
それが、明治の世になって貨幣で納めるように変えられたというものです。

これによる庶民の混乱や疲弊について、三島億二郎は述べられているのだと思います。
私も三島億二郎と同様、当時の欧米の庶民がどんな暮らしをしていたのか気になりました。

私の三島億二郎日記の研究テーマの一つとして、
「明治維新 やったは良いが 庶民の暮らし よくなった?」
という疑問があります。

この辺りもデータや文献などから裏付けが取れたら面白いかなと思います。
引き続きコツコツ進めて参ります。
  

2021年04月02日 Posted by きたゆき at 18:52Comments(0)独り言データで分析 新潟県

北越戦争時の著名人の年齢を並べてみた


今日は軽い話題を一つ。
戊辰戦争の頃、幕府、長岡藩、薩摩藩、長州藩等の人々がどのような年齢であったか、
並べてみました。

ソースは全部ウィキペディアです。
(一応確認はしていますが間違っていたらすみません)

人選は私の独断の偏見です。
まずは、所属別に並べてみます。
以下、敬称略させていただきます。




所感
・長岡の殿様 若い!!
・長岡藩のお三方の醸し出すベテランオーラ(他の藩士の方ももちろんいらっしゃったんでしょうけれども)
・徳川慶喜と勝海舟の関係、いくつかのテレビドラマの役柄の雰囲気などはこの辺を意識しているのかな?



次に、年齢順に並べてみます。




所感
佐久間象山の門下生、吉田松陰くらいまでの面々を見ると、ベテランオーラを感じます。
佐久間象山が当時の人々に与えた影響と、影響を受けた人々の行動を顧みると感慨深いです。
長岡のお三方は勝海舟と近い世代だったんですね。

徳川慶喜や松平容保が若手の方に入って来るのも改めて見ると少し発見です。



続きまして、江戸城無血開城メンバーと北越戦争に携わった皆様に分かれてもらいます。




江戸城無血開城組の面々、安定感を感じます。
新政府軍は長岡藩になんでこんな若z(ゲフンゲフン)←これ、素朴に疑問です。あちら側に何か資料が残っていないものか・・・
もし、黒田清隆が小千谷に来ていたら・・・という歴史のIFもありますが、それでも黒田清隆28歳とは・・・。


聞くところによると、河合継之助の藩政手腕は並々ならぬもので、
牧野の殿様も継之助に大きな信頼を寄せていたということです。
交渉失敗→北越戦争→長岡被災→河井継之助戦死→殿様謹慎
殿様の心中は察するに余りあります。
牧野忠訓は明治8年に32歳で若くしてお亡くなりになっています。


人の能力は年齢が全てではないと言うべきか、経験の積み重ねは無視できないものがあるのか、
結果論にはなってしまいますが、今回の場合は後者かもしれません。

北越戦争やその後の長岡の復興において、牧野のお殿様の名前ってあまり出てこないで、
藩士の皆様の名前を目にすることがほとんどです。
戦争になってしまったのは残念でしたが、実力のある藩士の皆様が活躍できたその後ろに、
牧野のお殿様もいらっしゃったのかな・・・とも思いました。
  

2021年03月30日 Posted by きたゆき at 13:02Comments(0)独り言

今日この頃、youtubeチャンネルのご紹介

近況報告としまして最近ご参考にさせていただいているyoutubeチャンネルをご紹介します。


いつもお世話になっております。

さいとうなおき先生
"【図解】スランプの正体 実は●●です!!" を YouTube で見る
https://youtu.be/PH7L12e-Pnc

・焼まゆるのお絵かきチャンネル
"【この絵下手すぎ】初心者あるあるな間違いを、プロのイラストレーターが解説します!" を YouTube で見る
https://youtu.be/sWk1MbgPuKM
※この動画ではご自身が過去に描いたイラストをご自身で添削しております。

上のお二人からはイラストを描くに当たっての心構えを学びました。
不思議なもので、お二人ともイラストレーターでの経験を元にアドバイスをされているのですが、イラストのノウハウに聞こえない(あらゆるものに通じる)。
お絵かきと関係ない世界にいる方にも参考になるお二人だと思います。よろしければ是非ご覧ください。


・はるアトリエ
"【初心者必見】私がいつもやってる6つのデッサン技法を簡単紹介!" を YouTube で見る
https://youtu.be/q8677CwqveI

・すののもけまなのアトリエ
"【初心者向け】鉛筆で上手なイラストやデッサンを描く5つのコツ" を YouTube で見る
https://youtu.be/WclK6O5mBZM

お二方の動画からデッサンの技法を参考にしました。
・最初に全体のバランスをしっかりと描いてから色塗りすること
・鉛筆の硬さの使い分け技法
・塗る順番
・消しゴムの技法


・水間政憲先生
日本の近現代歴史研究家でありジャーナリストの方です。
ご参考動画
"『菅首相は入国禁止中の1月18日~21日に外国人を9886人を入国させていた』第365回【水間条項TV】" を YouTube で見る
https://youtu.be/BQt4NGA3pzI

日本の現状がどうなっているか都度分析されています。法律と証拠を以って秩序を保つことがこの先大切になります。
初めて聞くと刺激が強い内容なので、リンク先を御覧になる前に心の準備をお願いしますですです。m(_ _)m

・グラフお兄さん様
ご参考動画
"【日本の食料自給率推移(畜産編) 1960~2018】" を YouTube で見る
https://youtu.be/GyGBrSRWKLE

日本の官公庁が一般公開しているデータを分かりやすくグラフ化して説明されています。この方の動画をみて、
・日本の官公庁の公開データには貴重な物が沢山あること
・グラフによりデータを視覚化することの大切さ
を学びました。

お役人さんはやることはやってる部分もあり、そのデータをいかに調理するかが専門家やマスメディアの仕事のはずですが……


という皆様を参考にさせていただいています。

知らないことが分かる、できなかった事ができるようになるのは単純に楽しいなぁ。と、思う今日この頃です。  

2021年03月21日 Posted by きたゆき at 08:55Comments(0)独り言

石川雲蝶の彫刻を描いてみた その六 「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その五」



悪霊退散悪霊退散。

本日のイラストも、栃尾の秋葉神社の石川雲蝶の彫刻からです。





youtubeのイラストレーターさんのアドバイス動画を見ながら描いたのですが…
ちょっと自分が受けた石川雲蝶の作品の迫力というか…出しきれていないような感じです。
光源の位置?が原因の一つかなとも思いました。
栃尾で現物を確認したのが昼前で、イラストでいうところの正面側から光が当たってしまっているので、立体感が今一表現しきれていないのかも。
夕方、横方向から光が当たっているときだと、また違った印象になると思います。


さて、コロナですが、









※11月及び12月の陽性者数について。外務省からオーストラリア、シンガポール、タイ、韓国、中国(香港及びマカオを含む)、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾については上陸拒否対象指定が解除となった。
このため、これらの国から入国する人々には入国時のPCR検査は義務でなくなった。
上記の入国陽性者数の中にはこれらの国からの入国陽性者数は含まれていないと考えられる。
参考資料は以下の通りです。

データソース:厚生労働省
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月2日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17093.html

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症> 新型コロナウイルス感染症について > オープンデータ
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

出入国管理統計統計表 | 出入国在留管理庁
http://www.moj.go.jp/isa/policies/statistics/toukei_ichiran_nyukan.html

外務省 新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html


とりあえずおさまってくれたのはまぁ良しですが、次の宣言解除後どうなるか?ですね。
あくまで私個人の考えですが、東京や大阪が下げ止まっていたのは外国からの流入を止めきらなかったからでは?と思っています。

もう一つ資料を紹介します。








元データリンク
出入国在留管理庁
【参考】外国人入国者数及び日本人帰国者数の推移(速報値)は次の表のとおりです。
(国際的な人の往来再開に向けた段階的措置による外国人入国者数の内訳)
http://www.moj.go.jp/isa/content/001340691.pdf

要は原則出入国禁止といいながらもなんだかんだ理由をつけて外国との人の往来は続いているということです。

昨年の5月ぐらいまでのレベルに人の往来を絞ればもっとよくなるんじゃないか?と思います。

本ブログの記事を書くに当たって様々なyoutubeチャンネルの方を参考にしています。近い内にご紹介できればと思います。

  

2021年03月18日 Posted by きたゆき at 20:16Comments(0)独り言

新潟県知事の出身地を明治時代から並べたら?

三島億二郎日記を調べている中で、ウィキペディアから興味深い(と個人的には思った)部分がありましたので、 記事にして紹介します。
歴代の新潟県知事がどこの出身だったか? というものです。
三島億二郎日記を読んでいると、ちょこちょこ新潟県知事に〇〇のお願いに行ったという記述が見られます。
ですので、新潟県知事のデータは三島億二郎日記の書かれた時期の背景を知る上で後々参考になるかもと思い、取っておくことにしました。
では、リストとグラフを示します。
恐れ入りますが県知事の皆様の敬称は略させていただきます。

注意
1.在任期間のカウントについては厳密には日数でカウントすべきです。
しかし、全部やるのは手間なのと、概要がなんとなく分かれば良いという判断から、 下記のようにカウントしている部分があります。


千頭 清臣 1900年1月19日~1900年9月8日=1年とみなす

ですので、本グラフは厳密ではありません。

2.肥前国と佐賀県 長門国と山口県は同郷としてカウントします。





参考データ
新潟県知事一覧 - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7

明治~戦後までは県知事は官選制だったのでそもそも今のように一般庶民が選挙で知事を選ぶというようなことはありませんでした。 明治政府が任命していたようです。 明治初期は所謂、薩長土肥の皆様が来ていたのが一目瞭然でした。
(ここまであからさまとは…)
廃藩置県から戦後までの約半分の期間が薩長土肥です。

他の県もこのような感じだったのか、比較してみるのも面白いかもしれません。

戦後はほぼほぼ新潟出身の方々でした。  

2021年03月16日 Posted by きたゆき at 19:10Comments(2)独り言データで分析 新潟県

石川雲蝶の彫刻を描いてみた その五 「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その四」

悪霊退散悪霊退散。

本日の石川雲蝶の願掛けイラストは前回に引き続き栃尾にある秋葉神社の彫刻になります。 お社の上についている狛犬です。



ちょっと描いていて、手が窮屈な感じになってしまいました。毛が風なびいている部分の表現が上手く表しきれませんでした。
木目を木目と感じさせないところが、さすがだなと思います。
絵を描いていると心静かに無心になれるので気分転換にも良いです。


さて、コロナの続報ですが、下記の通りです。






※11月及び12月の陽性者数について。外務省からオーストラリア、シンガポール、タイ、韓国、中国(香港及びマカオを含む)、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾については上陸拒否対象指定が解除となった。
このため、これらの国から入国する人々には入国時のPCR検査は義務でなくなった。
上記の入国陽性者数の中にはこれらの国からの入国陽性者数は含まれていないと考えられる。
参考資料は以下の通りです。

データソース:厚生労働省
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年2月2日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16491.html

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症> 新型コロナウイルス感染症について > オープンデータ
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

参考:外務省 新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

さて、今はコロナは落ち着いてきましたが、春節も始まりました。今後の動向に注目です。

以前にコロナ対策においてGoToトラベルに反対しますと申し上げました。

新潟県内であればコロナは殆ど流行っていないようなので、県内旅行とか地元で経済回す分には良いのではないか?というのが最近の感想です。
地元向けのイベント等は再開しても良いように感じます。


再掲も含めまして今までの流れとリンク先です。

厚生労働省
令和2年3月6日
水際対策の抜本的強化に向けた更なる政府の取組について(検疫の強化)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000604884.pdf

要旨
中華人民共和国又は大韓民国から来航する航空機・船舶に搭乗・乗船していたものは~検疫所長が指定する場所において14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請する。

厚生労働省
令和2年3月19日
中華人民共和国で発生した新型コロナウイルス感染症に関する政府の取組について(検疫の強化)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610602.pdf

要旨
検疫所長は、当分の間、中華人民共和国及び大韓民国を除く国又は地域の州その他これに準ずる行政区画(以下「特定州等」という。)においても~検疫所長が指定する場所において14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請することとする。
3月21日午前0時から実施。


新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について|外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

要旨
10月30日、日本国政府は、以下の国・地域について、入管法第5条1項14号に基づく上陸拒否対象指定の解除、及び、追加指定を決定しました。

上陸拒否対象指定の解除
 オーストラリア、シンガポール、タイ、韓国、中国(香港及びマカオを含む)、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾


Go to トラベル一時停止 令和2年12月28日~ Go to 
トラベル事務局
https://goto.jata-net.or.jp/info/2020121401.html


緊急事態宣言 
令和3年1月7日

厚生労働省
水際対策強化に係る新たな措置
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000715532.pdf

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html
要旨(リンク先抜粋)
 令和3年1月13日付の政府決定に基づき、1月14日午前0時(日本時間)以降、緊急事態解除宣言が発せられるまでの間、全ての対象国・地域とのビジネストラック及びレジデンストラックの運用を停止し、両トラックによる外国人の新規入国を認めません。また、ビジネストラックによる日本人及び在留資格保持者について、帰国・再入国時の14日間待機の緩和措置を認めないことにします。  

2021年02月17日 Posted by きたゆき at 23:17Comments(0)独り言

コロナウイルスは強毒化しているのか?

今回の記事は私個人の推測が含まれます。
実態にそぐわない部分もあるかと思います。
ご了承下さい。

コロナウイルスが強毒化しているか否か? という部分が厚生労働省が公開しているデータから読み取れるか? 調べてみました。

データソース
オープンデータ|厚生労働省
該当ページの陽性者数と死亡者数のデータを参照
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

結論から申し上げますと、
・強毒化あるいは感染力の強化があったかどうかは判断できない。
理由
・2020年の5月を除いて、死亡者/陽性者の割合を追って行っても 割合の増加が確認できない
ということになりました。

※多くのメディアの報道をみていると、基本的に引用しているデータは 厚生労働省のオープンデータであることが多いです。
ですので、報道機関が独自のデータを持っていれば別ですが、 厚生労働省のオープンデータだけで、やれ変異種が・感染力がなどと騒ぐのは、 真実を見えにくくする行為だと考えます。
グラフを記載すると以下のようになります。

※死亡者数の元データは日々の積み上げデータだったため、
月々の死亡者数に分けてグラフに掲載した。



2020年5月 は陽性者数 約2500人 死亡者数約470人 死亡者/陽性者は約18%
2020年12月 は陽性者数 約85000人 死亡者数約1300人 死亡者/陽性者は約1.5%
2021年1月 は陽性者数 約150000人 死亡者数約2200人 死亡者/陽性者は約1.5%

参考として、累積カウントのグラフも示します。


※注意 ここで申し上げている 死亡者数/陽性者数は、 厳密な「致死率」とは異なるものになります。
私のグラフは単純にその月の死亡者発表数を同月の陽性者発表数で除した数値になります。
※厚生労働省のデータからは亡くなった方がいつ陽性になったかが読み取れません。  
例えば5月に陽性になって6月に亡くなった場合、「致死率」でカウントする場合は同一人物としなければならないが、厚生労働省のデータからは解析不可
※逆に、ここを厳密に計算・解析しなければコロナウイルスが本当に強毒化したかは誰も判断できないのではないでしょうか?


目立つのが5月です。 PCR陽性者数に対して亡くなった方が多かった月になります。 なぜ5月だけがこのようになったのか、私なりに推定をしてみました。

仮説:4月5月はもっとPCR陽性になるべき人がいた?
もしかしたら下記の仮説グラフのように、4月5月はPCR陽性となる人が実はもっと沢山いたが、 検査されていなかった。 このため、実態として死亡者/陽性者が過大となったのではないか?



仮説:もしコロナウイルスが強毒化していたら。
こちらも仮説グラフを示します。 PCR陽性者を母数とし、且つコロナウイルスが強毒化していたら、 陽性者に対する死亡者の割合がもっと増加するはずです。


以上は自分が疑問に感じて何かの手がかりになるかと思いブログにアップした次第です。

最終判断はご自身でお願いします。
と言った言葉をつけざるを得ない部分が心苦しく、正直この言葉はあまり好きではありません。
ただ、報道があまりにも過熱しているように見えたため、微力ながら一石を投じたかったというのが正直なところです。
少しでも皆様ご自身が考えるきっかけになれば幸いです。
大手メディアはスポンサーに有利な報道しかしません。
嫌な世の中になりましたが、違和感を感じたり不安に思うことあれば情報を取りに行きましょう。
自分で得た知識は自信になります。

この結果を受けて個人的には、手洗いうがいをしながら過度に恐れず静観かなと言った所です。  

2021年02月09日 Posted by きたゆき at 22:25Comments(0)独り言

ワクチン接種 ~製薬会社の免責と新潟水俣病の歴史~

きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

まず、コロナウイルスのワクチンメーカの免責については、下記のような報道があります。

ワクチン接種を無料化 改正予防接種法が成立―新型コロナ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120200165&g=pol

関連して我が政府は昨年予防接種に関する法律を作りました 。この記事の最下段にリンクと抜粋を記載します。かなり回りくどい言い方をしています。
私が文書から読み取れたのは、「日本と契約する上で、ワクチンの健康被害について、ワクチン会社は損害賠償しなくても良いですよ」というような内容です。
損害賠償を国が肩代わりするのかどうか?については私はハッキリと読み取る事ができませんでした。


ここで本題に入ります。
薬害等があった際に国や企業がそれを認めるまでの手順について。
身近な例として新潟水俣病の時系列を参考にしてみました。
結局、公害・薬害であっても「原因究明、証拠探し、関連付け」が 必要になります。
その病気がワクチンのせいだ、工業廃水のせいだと言っても、 証拠でもって証明できなければ裁判には勝てません。
企業側としてみれば慰謝料は払いたくないですし、 企業側のイメージダウンにもなりますから認めたくないのが正直なところでしょう。
企業からの反論もあったようです。
新潟水俣病は熊本の水俣病の前例があったため、
原因究明の流れを見る場合は熊本の例も合わせて見ていく必要があります。

大きな流れとしては、
1956年  熊本県水俣市で最初の患者が発生
(この間、国・企業・大学での原因究明の調査や議論)
1964年 新潟市で最初の患者が発生
1967年 新潟市で昭和電工を相手取り第一次訴訟
1971年 新潟の第一次訴訟が勝訴確定

新潟のケースの場合、水俣での前例や調査データのベースがあったと考えられることが、 一つポイントと思われます。
新潟での最初の患者の発生から勝訴確定まで7年。 水俣での最初の患者の発生から数えれば15年がかかりました。

水俣病での前例で分かることは、
・企業側・国側は基本的に、公害や薬害を認めたくないのが本音
・裁判においては科学的な証拠が必要(口だけでは裁判には勝てない)
・証拠集めには正確性が求められるため時間がかかる
・証拠でもって認めたくない相手を認めさせなければならない ということです。

以下、個人的に大事だと思った新潟水俣病の年表の一部を抜粋します。

参考とした資料
新潟水俣病のあらまし〔令和元年度改訂〕 - 新潟県ホームページ
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/seikatueisei/1195661749709.html



1956(昭和31)
5月1日 水俣
新日本窒素肥料(以下「新日窒」という。)附属病院長細川一ら、脳症状 を呈する患者の発生を水俣保健所に報告 -水俣病公式発見-

5月28日 水俣
水俣市奇病対策委員会を設置し患者の措置、原因究明にあたる

12月1日 水俣
水俣市奇病対策委員会、54人(うち死亡17人)を水俣病と決定

1959(昭和34)
7月21日 水俣
新日窒附属病院長細川一、アセトアルデヒド設備の廃水を直接投与する ネコ実験を開始 *10月6日 ネコ400号発症するも公表されず、実験も禁止される

1959(昭和34)
7月22日 水俣
熊大研究班、「水俣病は現地の魚介類を摂取することによって引き起こさ れる神経系疾患であり、魚介類を汚染している毒物としては、水銀が極 めて注目されるに至った」と公式発表

8月5日 水俣
新日窒水俣工場、熊本県議会水俣病特別委員会で有機水銀説は実証性の ない推論と反論

9月28日 水俣
日本化学工業協会大島理事、有機水銀説を否定し爆薬説を発表

1960(昭和35)
4月12日  水俣
東工大清浦教授、第2回水俣病総合調査研究連絡協議会でアミン中毒説を 発表

1962(昭和37) 
8月 水俣
熊本大学入鹿山教授ら、酢酸工場水銀滓と水俣湾のアサリから塩化メチ ル水銀を抽出したと発表

1964(昭和39)新潟
11月12日
新潟市の住民、原因不明の神経疾患で新潟大学(以下「新大」という。) 附属病院脳神経科に入院

6月12日 新潟
新大の椿・植木両教授と新潟県衛生部(現福祉保健部)、「阿賀野川流域 に有機水銀中毒患者7人発生、うち2人死亡」と正式に発表

1966(昭和41) 3月24日 新潟
厚生省(現厚生労働省)の特別研究班・関係各省庁合同会議、「工場排水 が原因と断定するには不十分」と結論を保留

5月17日  新潟
新大の滝澤助教授、新潟県の水銀中毒対策本部に「鹿瀬工場の排水口の 水苔からメチル水銀を検出した」と報告

6月 新潟
昭和電工、工場排水説に反論し「阿賀野川下流流域中毒事件に対する見解(農薬説)」を発表

1967(昭和42)
6月12日 新潟
新潟水俣病患者3世帯13人、昭和電工を相手取り慰謝料を請求し新潟地 裁に提訴 -新潟水俣病第1次訴訟-

7月21日
「公害対策基本法」成立(8.3 公布施行)

9月26日
政府、水俣病についての統一見解を発表
*新潟水俣病は、昭和電工鹿瀬工場のアセトアルデヒド製造工程中で副 生されたメチル水銀化合物を含む排水が大きく関与して中毒発生の基 盤となっている
*熊本水俣病は、チッソ水俣工場のアセトアルデヒド・酢酸製造工程中 で副生されたメチル水銀化合物が原因である

1971(昭和46)
9月29日 新潟水俣病第1次訴訟判決(原告勝訴、確定)




●予防接種法及び検疫法の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g20309001.htm

抜粋

 第八条 政府は、~ワクチンを使用する予防接種による健康被害に係る損害を賠償することにより生ずる損失その他当該契約に係るワクチンの性質等を踏まえ国が補償することが必要な損失を政府が補償することを約する契約を締結することができる  

2021年02月02日 Posted by きたゆき at 21:48Comments(0)独り言

石川雲蝶の彫刻を描いてみた その四 「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その三」

悪霊退散悪霊退散。

本日の石川雲蝶の願掛けイラストは栃尾にある秋葉神社の彫刻になります。



狛犬がお花(牡丹かな?)を咥えている図です。
所説有りますが、
狛犬は百獣の王の獅子を表したもの。
牡丹は百花の王とも申します。
これらを組み合わせたよく見る構図だと思います。
絵を描いていて石川雲蝶が非凡だなと思った部分が、牡丹の花の部分です。
花を彫っているのですが、木目も生かして牡丹の花の形を表現しています。
これ、彫る前から木目を計算していないと絶対に彫れません。
真似しろと言われて簡単にできる事ではないと思いました。

さて、コロナの続報ですが、下記の通りです。




※11月及び12月の陽性者数について。外務省からオーストラリア、シンガポール、タイ、韓国、中国(香港及びマカオを含む)、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾については上陸拒否対象指定が解除となった。
このため、これらの国から入国する人々には入国時のPCR検査は義務でなくなった。
上記の入国陽性者数の中にはこれらの国からの入国陽性者数は含まれていないと考えられる。
参考資料は以下の通りです。

データソース:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月25日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16282.html

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症> 新型コロナウイルス感染症について > オープンデータ
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

参考:外務省 新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

特に多くは語りません。
2020年12月28日 Go to トラベル一時停止
2021年1月14日 入国規制 ビジネス往来禁止

この辺りがどのように効果が出てくるかが注意です。
私の予想ですが、
2月7日に入国規制解除→春節→第四波→ワクチン接種キャンペーン
の流れだと思います。
心の準備をしておきましょう。
(あくまでも予想です。杞憂に終われば良いですね)
再掲も含めまして今までの流れとリンク先です。

厚生労働省
令和2年3月6日
水際対策の抜本的強化に向けた更なる政府の取組について(検疫の強化)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000604884.pdf

要旨
中華人民共和国又は大韓民国から来航する航空機・船舶に搭乗・乗船していたものは~検疫所長が指定する場所において14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請する。

厚生労働省
令和2年3月19日
中華人民共和国で発生した新型コロナウイルス感染症に関する政府の取組について(検疫の強化)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610602.pdf

要旨
検疫所長は、当分の間、中華人民共和国及び大韓民国を除く国又は地域の州その他これに準ずる行政区画(以下「特定州等」という。)においても~検疫所長が指定する場所において14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請することとする。
3月21日午前0時から実施。


新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について|外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

要旨
10月30日、日本国政府は、以下の国・地域について、入管法第5条1項14号に基づく上陸拒否対象指定の解除、及び、追加指定を決定しました。

上陸拒否対象指定の解除
 オーストラリア、シンガポール、タイ、韓国、中国(香港及びマカオを含む)、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾


Go to トラベル一時停止 令和2年12月28日~ Go to 
トラベル事務局
https://goto.jata-net.or.jp/info/2020121401.html


緊急事態宣言 
令和3年1月7日

厚生労働省
水際対策強化に係る新たな措置
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000715532.pdf

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html  

2021年01月28日 Posted by きたゆき at 22:08Comments(0)独り言

年間で亡くなられた方の推移

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

日本でも世界でも毎年様々な要因で沢山の方がお亡くなりになっています。
ご冥福をお祈り致します。

コロナが猛威を振るっております。
亡くなられた方の数字がコロナによって変化があったのか否か、調べました。
デリケートな部分とは承知しておりますが、事象をより正確に理解するためには必用なことと考えました。

まず、下記の二つの資料を参考に日本で亡くなられた方の数をグラフ化しました。

データソースは厚生労働省の資料です。

人口動態調査 人口動態統計 確定数
https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003214720

令和2年(2020)人口動態統計の年間推計について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15591.html



参考データ



まだ令和2年の11月と12月の数字が出ておりません。例年ですと11月~12月で25万人ぐらいになります。
それを加味しても、2020年に亡くなられた方の数は例年に比べて少なくなりそうに思います。


次に外国と日本でコロナで亡くなったとされる方の数の比較です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月2日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15835.html



北米南米ヨーロッパ等の国々と比較すると、日本よりも桁違いであることがわかります。

所感として、日本の場合、コロナコロナと恐怖を煽る所と年間死亡者数の顕著な増加が予想できない点に矛盾を感じます。

また、外国は外国、日本は日本と、事情が違うように思いますので、一括りにはするべきでないと思いました。
  

2021年01月25日 Posted by きたゆき at 14:00Comments(0)独り言

PCR検査は正確でない?

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

参考
日本疫学会HP
新型コロナウイルス感染予防対策についてのQ&A | 新型コロナウイルス関連情報特設サイト
https://jeaweb.jp/covid/qa/index.html#q2

こちらのHP内ではPCRの精度についてはなんとも言えないと言っています。

PCR検査について大雑把に言いますと…
体にくっついているウイルスを、外に出してウイルスが増えるように処置する。
ウイルスが検出されれば、PCR陽性。
最初からウイルスがいなければ、検出されずPCR陰性。

PCRの問題点
・偽の陰性
①例えば喉からウイルスを採取しようとしたが喉にはウイルスがおらず、実は鼻にいて検出できなかった。
②ウイルスを増殖させたが、元々の数が少なすぎて増殖数が足りず検出できなかった。

・陽性?
③喉からウイルスを検出して陽性になったが…
→その人は喉の免疫が強くもしかしたらそのまま治った(気が付かなかった)かもしれない。

なので、PCR陽性・陰性と言ってもその人が重症化するか軽症ですむか無症状で終るかは確実には言えないということです。

事の深刻さを定量的に見るには、重症になってしまった方、不幸にもお亡くなりになってしまった方が例年と比べてどうなのか?
というところを見る必用があると思います。


もうひとつ参考です。
私が良く見ているyoutuberさんです。
お医者さんで北海道で鹿を撃っています。
"安全で有効なワクチンを一人でも多く一日でも早く" を YouTube で見る
https://youtu.be/2MFKB_D4sOU

本記事の内容につきましては恐れ入りますが、最終判断は自己責任でお願い致します。  

2021年01月21日 Posted by きたゆき at 23:29Comments(0)独り言

mRNAワクチンとは何か? その2

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

前回はmRNAワクチンとはどのようなものか調べました。今回はmRNAワクチンの開発動向の論文を紹介致します。

以下2019年の論文です。

mRNA 医薬開発の世界的動向
http://nats.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20190717095649-6ABC2FA50410294C82EBEF7D74463510333BCF1FB717B3F864612BCB0CA9F6B2.pdf

個人的に要点と思った所を箇条書きします。
・1990年にScience論文で非ウイルス性遺伝子導入の最初の報告例としてmRNAの投与実験報告有
・当時はmRNAは体内で不安定と考察された
(ワクチンとして効果が薄い)
・代替としてpDNAが有力であるとされた
・pDNAによるワクチン開発が進められたが、死亡事故や、治療後の白血病の発症などが見られた
・2010年代にmRNAの生体投与に関する報告が増え始めた
・mRNAワクチンはホストゲノムに挿入されるリスクがない
→標的細胞をガン化させるリスク危険性がなく、安全に用いることができる
※ゲノムとはその細胞が持つ遺伝子の遺伝情報全体のこと
※この文脈からすると、DNAワクチンはゲノムに挿入されて細胞本来の遺伝子情報が変わってしまうので、ガンになりやすい??
・mRNAは生体内で不安定である。
→mRNAを安定に保持し、標的細胞へ輸送する仕組みが必用。
※これがないと、体内のどの細胞でウイルスのスパイクたんぱく質を作ることになるのかがわからない??
・mRNAは免疫反応を誘発する。
→免疫を制御する仕組みが必用
※推定ですが、mRNAが細胞に取り込まれる前に、免疫がワクチンを攻撃してしまい、ワクチンの効果が得られない事があるという意味と思います。
・mRNAワクチンは用途、目的に応じて都度評価議論が必用
※一口にmRNAワクチンと言っても、武漢コロナ向けか、別の疾病対策用かで、細胞工場でつくるモノが異なるので…

・2019年(論文が書かれた時点で)承認されたmRNAワクチンはない。

このような内容でした。

本記事の内容について、当方は責任を持ちません。最終判断は自己責任でお願い致します。
自ら考え調べ裏取りすることが大切です、  

2021年01月12日 Posted by きたゆき at 00:10Comments(0)独り言

mRNAワクチンとは何か? その1

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

以下の論文を参考にしています。

COVID-19関連(2020年12月16日)mRNAワクチンについて
http://www.isobe-clinic.com/covid-19/COVID-19_20201216_mRNA.html



かなり大雑把な説明になります。
ウィルスはそれぞれ固有のスパイクたんぱく質を持っています。(イラスト中のトゲ)
mRNAワクチンは、ウィルスのスパイクたんぱく質だけの設計図のようなものが入っています。これを細胞(工場)に注射し、細胞にスパイクたんぱく質を作らせます。すると細胞(工場)の壁面にスパイクたんぱく質が出てきます。
これを中和抗体に認識させます。
いざ、本物のウィルスが入ってきたら事前に認識した中和抗体の情報をもとに、ウィルスが細胞に入って増殖するまえに捕まえる事ができるようになります。

本記事について当方は責任を持ちません。
最終判断は自己責任でお願いします。
自ら動き考え裏を取る事が大切です。  

2021年01月07日 Posted by きたゆき at 23:28Comments(0)独り言

コロナウィルス対策にはビタミンD、C、亜鉛が効果的である?

本年もよろしくお願い致します。

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

コロナウィルス対策にはビタミンD、C、亜鉛が効果的である?ということで。
本件は色々と論文がでているようです。

~参考文献~
新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 対策における機能性食品成分の臨床的意義 :ナラティブ・レビュー
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ffr/16/0/16_FFR2020_p40-50/_article/-char/ja/

基本的には、栄養をとればかからないというよりかは、栄養が不足すると免疫が不安定になって重症化しやすいということのようです。
バランスの良い食事を心がけましょう。

論文中で言及のあった要素は…

ビタミンA ビタミンC ビタミンD
免疫調整作用

亜鉛
免疫の維持に必用
RNAウィルスの細胞での複製を阻害

等々。それほど難しい論文ではないので、興味があれば読んでみてください。  

2021年01月05日 Posted by きたゆき at 20:29Comments(0)独り言

細胞の働きとウイルスの作用

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

以下の参考文献の内容を元に自分の大雑把な理解を記載します。
”Essential 細胞生物学 南江堂 発行”

※自分は生物関係は高校で少しカジッった程度の知識です。
※かなりはしょった説明になります。
※似たようなお話、より詳しい内容は様々な方が色々な場所にアップしているので、
 そちらを参照してください

まず、本説明に出てくる登場人物についてご説明します。



・細胞:体に必要な様々なタンパク質を合成する工場のようなもの
・工場作業員:工場の運営、設計図を読んでタンパク質を作る人
 (実際はポリメラーゼとかヘリカーゼとか色々あるのですが”工場作業員”でくくります)
・設計図(DNA):タンパク質の設計図が描かれた図面原本のようなものです
・コピー(RNA):DNAを元にコピーされたタンパク質の設計図(コピー)です


工場(細胞)の日常はこのような感じです。
DNA(設計図原本)を元に必要なだけコピーされたRNA(コピー設計図)を元に作業員が必要なタンパク質を作ります



続いて、ウイルスの構成について、
大雑把に記載します。



ウイルスは、ウイルス自身の設計図(DNAやRNA)とそれを包むタンパク質の殻でできています。
※非常に大雑把な例えです

細胞がウイルスに感染すると・・・



ウイルスのDNA・RNA情報を受け取った作業員が、細胞でウイルスを製造し始めてしまいます。
※実際、ウイルス情報が作業員に渡る前に様々な体の防御機構があるのですがそれは別途


細胞が体に害をなすような状態になったと判断すると、
マクロファージなどの解体業者が出てきて細胞を体から排除(分解)します


以上が常日頃、体の中で起きている事の非常に大雑把な例えになります。


※本記事に関して当方は責任を持ちません
最終判断は自己責任でお願いいたします。自ら考え、調べ、裏取りすることが大事です。

  

2020年12月30日 Posted by きたゆき at 02:31Comments(0)独り言

百日咳のワクチンの歴史時系列

調査の基点記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

百日咳のワクチンの出来事の時系列です。
後程、コロナのmRNAワクチンの取組の歴史と相対比較してみます。

日本で開発された精製百日咳ワクチン
http://www.jspid.jp/journal/full/02003/020030347.pdf

1906年
パスツール研究所
細菌学者ボルテーとジャングー
百日咳の症状を示している五ヶ月の乳児の痰から、血液加寒天培地上で(ウイルスを)分離

1930年代
アメリカ、イギリスなどでワクチンを試作し臨床試験

1936年
米国の微生物学者レスリーとガードナー
I細菌は病原性や毒性も強く菌体表面にK抗体、凝集原をもっており、この相菌で作ったワクチンのみが有効であると動物実験で確認。

1946~1958年
長期間を費やし典型的な二重盲検法による百日咳ワクチンの野外試験

1946年
米国のDr, Kendrickがマウス脳内攻撃法という百日咳ワクチン力価試験法を考察

1950年
アメリカの生物学者Dr,Piller(彼は破傷風毒素蛋白を精製し結晶化した著名な人)が、凝集素は防御抗体ではないという結果を上記のMRCの野外試験で示した。

1970~1974
百日咳菌を合成液体培地で培養
培養液中に生産されたLFPが、百日咳菌の主要因子であると同時に百日咳感染防御抗原であることをマウス防御試験で見出し、米国学術誌Infection and immunityに報告(論文著者)


以下
厚生労働省
百日せきワクチンに関するファクトシート
(平成22年7月7日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf2/shingi2/2r9852000000bx23-att/2r9852000000byfg.pdf
より

1974、 75年
全菌体百日咳ワクチン(wP)を含むジフテリア、破傷風、百日咳混合(DTwP)ワクチン接種後死亡事故

1975年 2月~4月
ワクチン接種を一時中止 ワクチン接種率低下

1976~81年
全国的な百日咳の流行が発生し、死者数も増加

1980年後半
ワクチン効果が減弱した青年・成人層での罹患者が増加

1981年
無毒化したPT(百日咳毒素)とFHA(線維状赤血球凝集素)抗原が主成分で副反応を軽減した改良百日せきワクチンを含むDTaPワクチンの接種が、DTwPワクチンに変わって開始され、ワクチン接種率が向上
1994年
予防接種法が改正
DTaPワクチンの予防接種は集団義務接種から個別勧推義務接種に変更


本文の内容について当方は責任を持ちません。
最終判断は自己責任でお願い致します。
自ら動き、調べ、裏を取ることが重要です。  

2020年12月26日 Posted by きたゆき at 00:01Comments(0)独り言

ワクチンの有効性は90%と言っているが実際は0.2%だ?

調査の基点記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

この話は「ワクチン 95」等のキーワードで検索すると、解説している方が、沢山いらっしゃいました。大本の情報はおそらくファイザー社の論文ではなかろうかと思います。

ファイザーとBioNTech、New England Journal of MedicineにBNT162b2 COVID-19ワクチン候補の主要な国際共同第3相試験結果を公表
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2020/2020_12_11.html

論文
Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine | NEJM
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2034577?query=featured_home

論文の内容を大雑把に説明します。




約二万人の被験者に偽のクスリ(毒にも薬にもならんようなものと思われます)を注射したら162人がコロナに感染しました。


別の二万人の被験者にワクチンを注射したら8人がコロナに感染しました。


両者の感染者の差(162-8=154)とニセのクスリを打ってコロナに感染した人(162)から以下のように計算します。



こうすると大体95%になります。
0.2%というのが、どういった計算をした結果なのかは分かりませんでしたが、多分被験者全体を見なきゃダメじゃない?という考えだと思います。

注意点としては有効率95%だからと言って、20000人が受けたら感染する人を1000人に減らせると言った数字ではないという事です。


※本文の内容について私は責任を持ちません。
最終判断は自己責任でお願いします。自ら動き、調べ、考え、納得することが大切です。
  

2020年12月25日 Posted by きたゆき at 00:24Comments(0)独り言

スウェーデンでは15歳以下でコロナで亡くなった方がいない?

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html


今回のコロナ禍でお亡くなりになった皆様へのご冥福をお祈り致します。


スウェーデンでは15歳以下で亡くなった方がいないという発言について調べてみました。
スウェーデン:年齢別のコロナウイルスによる死亡| Statista
https://www.statista.com/statistics/1107913/number-of-coronavirus-deaths-in-sweden-by-age-groups/
スウェーデンの場合 2020年12月16日現在 統計によれば現時点で19歳以下の方がスウェーデンで5名亡くなっている。
動画撮影時点では0だったかもしれない。

同サイト、日本の場合
• Japan: coronavirus patients distribution by age group 2020 | Statista
https://www.statista.com/statistics/1105162/japan-patients-detail-novel-coronavirus-covid-19-cases-by-age-and-gender/

国立社会社会保障・人口問題研究所
新型コロナウィルス感染症データ
http://www.ipss.go.jp/projects/j/Choju/covid19/index.asp

2020年12月 国立社会保障・人口問題研究所 新型コロナウィルス感染症について  感染者・死亡者数の推移(2020/12/14時点※本記事投稿時点の日付です。リンク先が更新されると日付が合わなくなります)

両日本のデータは傾向はほぼ似通っている。 記録した日時の関係と思われるが、人数には若干の違いが見られる。 また、このデータからは10代以下で亡くなった方は日本では確認できない。 傾向としては日本もスウェーデンも若い人で亡くなった方は高齢者よりも少ない。

※恐れ入りますが、本記事の内容について当方は責任を持ちません。活用、最終判断はご自身の責任でお願い致します。
自ら動き、調べ、裏を取ることが重要です。  

2020年12月23日 Posted by きたゆき at 21:02Comments(0)独り言

インフォームドコンセント ヘルシンキ宣言 ニュルンベルク綱領について

調査基点の記事
きたゆきの新潟県放浪記 since 2008:武漢発生のコロナウィルスとワクチンについて、素人が調べてみた その一
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e491247.html

以下本題
参考:ウィキペディア

インフォームド・コンセント - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88

ヘルシンキ宣言 - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AD%E5%AE%A3%E8%A8%80

ニュルンベルク綱領 - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E7%B6%B1%E9%A0%98



以下内容の抜粋です。
※詳細が知りたい方はリンク先をご覧ください。 本ブログの内容につきまして当方は責任を持ちません。 ご活用の判断は自己責任でお願い致します。

インフォームドコンセント 医師が対象者(患者や被験者)に治療や臨床試験の内容(影響・リスク等)を十分に説明した上で、 対象者が自らの自由意志に基づいて医療従事者と方針において合意すること。
※拒否することも含まれる。患者の権利。

身近な例で例えると、 お医者さんで手術や検査を受ける際に、 説明書きと同意書にサインをすることがありますが、あんなイメージです。

インフォームドコンセントの必要性を勧告したのはヘルシンキ宣言である。 ヘルシンキ宣言とは世界医師会によって作成された人体実験に関する一連の倫理原則。 ニュルンベルク綱領を受けての医学会側からの対応。

ニュルンベルク綱領とは、非倫理的な人体実験に対し、 第二次世界大戦後のニュルンベルク裁判の一環で1947年行われた「医者裁判」の結果として生まれた。
人間を被験者とする研究に関する一連の倫理原則。

ニュルンベルク綱領の10要点 (ウィキペディアより当方の意訳)
1.被験者の同意はゼッタイ必用。
2.実験は、みんなの役に立つもので人体での試験以外に確認の手立てがない場合とする。
3.実験は、諸々に基づき予想される結果を得るための手段であること。
4.実験は、無駄な身体的精神的苦痛を避けるべし。
5.実験中に被験者がマズイ状態になりそうと予測される場合は中止する。但し医者自らが被験者となる場合は可能な場合もある。
6.実験の予測成果にもよるが、あんまり危ない実験はやってはダメよ。
7.被験者には怪我とか障害がないように。
8.素人は実験するなよ。然るべき資格のある人がやってね。
9.実験中に被験者が「無理です」って言ったら中止してね。
10.担当医や科学者は誠実であること。被験者の健康や命が最優先。

このような内容でした。  

2020年12月23日 Posted by きたゆき at 18:02Comments(0)独り言