☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

最上義光公のこと

山形市の礎をつくった最上義光公。
山形市に記念館があり、伺ってまいりました。
ボランティアガイドの方のわかりやすい案内と説明にかなり助けられました。

で、この方と新潟に何の関係がということなのですが、
大雑把には現在の山形県にあたる地域の覇権を、
越後上杉氏などと争った方になります。

このあたりのながれについては、伊達氏、大宝寺氏、上杉氏などが複雑に絡んでくるため、
大雑把な説明になりますが、興味があるかたは調べてみてください。

いかにも戦国時代らしい、政略、謀略、裏切りなどの駆け引きがありました。

この最上義光公が直接あるいは間接的に戦った上杉家の家臣は、
現在の新潟県村上市にある村上城にゆかりのある本庄繁長公と
直江兼続公になります。

本庄繁長公は当時庄内にいた大宝寺氏と仲が良く、
庄内の覇権をねらう最上義光公に対して大宝寺氏を支援しています。
繁長公自身は当初、新発田重家公のとの戦いで身動きが取れなかったせいで十分な支援ができず、
庄内の覇権は一度は最上義光公のものとなります。(1580年代)

しかし今度は、伊達氏と最上氏の戦いがはじまり、
この隙を狙って上杉方の本庄繁長公が庄内に侵攻し奪還します。



時代は関ヶ原合戦のあたりまで進みます。(1600年頃)
某ドラマで記憶されているかたもいるかと思いますが、
上杉景勝公は関ヶ原では西軍につきました。
一方の最上義光公は東軍につき、関ヶ原の戦いの地方戦として、
上杉方の直江兼続公と最上義光公が再び山形で激突します。
長谷堂城の戦いと呼ばれる戦いで、直江兼続公率いる約2万の軍勢にたいして
最上軍は7千程度で防衛に当たり、上杉軍を退けました。

これらの覇権争いが行われた地域には、
最上川と酒田港という物流の要があったため、魅力がある場所だったそうです。


この後、上杉家は東軍に逆らったため、米沢へ転封。
最上義光公は功を認められ山形藩57万石の大名となったそうです。
(米沢藩と山形藩は地図でみると境界が接しているし、米沢藩の南は会津藩だし、米沢の上杉氏もなかなか落ち着かない場所だったでしょうか)


これだけ聞くと最上義光公は戦人のようなイメージをもつのですが
連歌の心得があったり、山形の街の基礎をつくったりと文武両道の優秀な方だったようです。

戦国時代の話となると相手のいる話になるので、新潟県内を回っているだけでは
なかなか真相にはたどり着けません。
今回の旅は良い勉強になりました。


  

2015年05月05日 Posted by きたゆき at 22:40Comments(0)村上市

平成22年 村上大祭

先日行われた村上市のお祭りに行ってきました。ちなみに昨年は・・・
西奈彌(せなみ)羽黒神社のお祭りです。
この神社の神様は奈都比売大神 倉稲魂命 月読命です。

邪気払いの意味があるお祭りらしいのですが、ちょっと詳細が見つかりません。
分かりましたら更新します。





江戸時代に臥牛山に神社がありました。山の頂上にお城があったのですが、お殿様が

「神様を見下すとは恐れ多い」

として、現在の場所に移しました。
その時から遷座祭として始まったものだそうです。

神社にお参りにいったのですが・・・



誰もいませんでした。お参りする時間を間違ったかも・・・face07

このお祭りのお囃子の音がとても好きです。
町の皆様は露店で買い物をしたり、町屋で家族・親戚と食事をしながら山車を見ていました。
何だかとても癒されました。ありがとうございました。

無病息災でありますように(>人<)  

2010年07月09日 Posted by きたゆき at 19:25Comments(0)村上市

臥牛山 村上城跡

 村上市にある臥牛山の山頂より。眺めがよくて気持ちよかったです。



 いつのころからこの城があるのか、詳しくは分かりません。戦国時代のころは本庄氏の居城でした。その中でも本庄繁長は天地人ではあまり出てきていませんが、かなりの猛将だったようです。最初は上杉氏に抵抗して、その最中にこの城が陥落することはありませんでした。上杉氏に下ってからも、関が原の戦いの後まで、長きにわたって上杉氏を支えてきた人物だそうです。

 直江兼継以外にも有能な武将は沢山いるのですface01  
タグ :城下町観光


2009年09月07日 Posted by きたゆき at 17:20Comments(0)村上市

村上大祭

  先日の村上大祭の時の写真です。天気が今一でしたicon03



  祭りの起源は一説によれば、江戸時代前期に村上藩の殿様が、城内にあった羽黒山神社を現在の位置に遷座したときの遷座祭とのこと。伝統あるお祭りです。写真のおしゃぎり(屋台)は、江戸時代から現在まで使われ続けているものもあるのだとか。

 梅雨のさなか、旧暦の6/7にあわせて行うもので、水の神様にいろいろと祈願をするという目的もあったようです。昔は周辺地域も含む町中の人が仕事を休んで見に行ったのだとか。

   
タグ :城下町


2009年07月12日 Posted by きたゆき at 12:16Comments(0)村上市

村上 お茶

 村上市ではお茶を作っています。



 お茶の産地といえば全国的には静岡県が有名で、新潟県は全国的には知名度はあまり高くないかと思いますが・・・

 村上市の観光案内パンレットを見て驚いたのは、お茶の木というのは良いお茶の葉をつけるためにある程度の樹齢が必要なのだそうです。村上市のお茶の木の平均寿命は150歳を超えていて中には300歳を超えるものもあるのだとかface08(パンフレットより)(ネットで調べたらお茶どころ静岡県も例外ではないらしい)。村上市で、お茶の栽培が始まったのが江戸時代の前期とのことなので、樹齢300年というとそのころからのものなのでしょうか?

 もともとお茶は奈良~平安時代ぐらいにお坊さんが中国から伝えたもので、薬として用いられていました。当時は、現在食卓に出てくるおいしいお茶ではなく、テレビ番組の罰ゲームでタレントが飲まされているような不味いお茶だったそうですface03。そのお茶に改良を加えて現在の食卓に出てくるようなお茶になったのだとか。

 当たり前に食後に飲んでいるお茶にも深い歴史があったんですね。これからはもっと味わって飲みたいと思います。  
タグ :城下町


2009年04月22日 Posted by きたゆき at 20:00Comments(4)村上市

村上の町並み

 昨日に引き続き、去年村上に行ったときの話を・・・



 昔ながらの街並みが残っている場所でした。町屋をそのまま使った無料の休息所というものがあって、管理している方とお茶を飲んだりお話をしたりしました。face05
新潟市とは全く別の雰囲気のある場所でした。落ち着くというかなんというか・・・
 観光資源など、その土地の魅力がある場所はうらやましいですよね。観光資源を大切にするという目標のもと地域の結びつきが強くなって活気が出る気がしますし、大切に守っていけば観光客もたくさん来ますし。

 3月中は人形様めぐりというイベントもやっているらしいので是非行ってきたいと思います。  


2009年03月04日 Posted by きたゆき at 15:43Comments(4)村上市

笹川流れ

 昨日の記事関連できれいな海の話を・・・



 秋田や函館に旅行に行く途中でよく車窓から眺めていた笹川流れ。きれいだなーいつか行ってみたいなと思っていました。この写真は去年の夏に、たまたま平日に休みがとれたので行ってきたときに撮ったものですface02高校の修学旅行で沖縄に行ってきたのですが、沖縄の海に勝るとも劣らないのではないか?と自分では思っていますface05平日なので観光客も全然見当たらず貸しきり状態でしたface10

 明日は村上の町を散歩したときのことを書きたいと思います。

 新潟には何も無くない(笑)face02

  

2009年03月03日 Posted by きたゆき at 17:03Comments(4)村上市