☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

花と遺跡のふるさと公園



旧新津市の新潟県立植物園の近くにあります。

昔の竪穴式住居なんかが復元されています。

この周辺には「津」という名前が付く地名が多く、大昔は港であったのではないかという説があります。
信越本線沿いに山というか丘というか・・・がずっと連なっていますが、その丘の部分からは縄文時代の土器が出てきたりします。
大昔から人が住んでいたんですね。


で、今平場になっている部分が全部、水の下(海か川かわかりませんが)だったと。





公園の山の上から新潟平野方面を望むとこのような感じ。
今見ている平野が全部水だったのでしょうか。

関連ですが、以前糸魚川のフォッサマグナミュージアムに行った時の記事。
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e176292.html  

2014年07月21日 Posted by きたゆき at 11:21Comments(0)秋葉区

新津の石油王

急に寒くなって参りました、いかがお過ごしでしょうか?

紅葉の季節も近づいてきたと言うことで、新潟市秋葉区
(旧新津市)にある中野邸にまつわるお話をしていきま
す。
庭に植えられた木々の紅葉がとても綺麗で知る人ぞ知
る場所となっています。

ここには、幕末の頃に生まれ昭和の初め頃まで、石油
で富を成した中野貫一(なかのかんいち)さんという方が
いらっしゃいました。
資産は沢山あったのですが、自身は働くことが生きがい
であると言い質素倹約を旨としたそうです。

地域・学校等にも寄付をしたそうなのですが、必ず寄付先
の人の話を聞いてから寄付額を決めたそうです。
寄付というのは寄付する人の気持ちも一緒に届けるもの。
一人で全額寄付すると他の人の気持ちが届かなくなるか
ら良くない・・・というように考えていらっしゃったそうです。

勉強したい人への奨学金を行っていたこともあります。
若者が勉強したくてもできないというのはいずれ日本の
大損失となってしまう。ただし、若者にただお金をあげる
のではなく、働き始めたら返すという気持ちを失わせては
いけない。との思いがあったとのこと。

他にも、何を始めるにしてもお金は大切だけど使い方に気
を付けなければならない。どうしたら良い使い方ができるか
常に考えなければ・・・とも。

拝金主義的に、お金に使われてしまってはいけない。良い
事のためにお金を生かせというメッセージを個人的には感
じました。

何名か明治時代に活躍した資産家の方を知っているので
すが、公に対しての考え方を持っている人が多いなと感じ
ます。また、現代の人よりも厳しい考え方・生き方をしてい
ると同時に、やさしさも感じられます。

こういったお話を聞くと本当にご先祖様は後世の事を考えて
くれていたのだと頭が下がるばかりです。

気になる方は図書館でこの方の本を探してみてください。

  

2010年10月27日 Posted by きたゆき at 09:20Comments(0)秋葉区

堀出神社例大祭in新津

新津夏まつりに行ってきました。掘出神社の例大祭です。
主祭神は伊邪那岐神伊邪那美神

写真盛り沢山で参りますface02
写真は8月20日の夜。本祭の前日です。

獅子舞


山車が沢山出ていました。


こんな感じ・・・



神社では、天下泰平、五穀豊穣の文字が。



他にも、かつてこの周辺を治めていた新津氏のある方が亡くなってから400年というのぼり
もありました。

800年ほど昔、このあたりは金津氏が治めておりました。
ある時に城を造ろうと地面を掘っていたときに二対の神様の像が出土しました。
ご神体を祀るために祠をたてたのが掘出神社の始まりだそうです。

  
タグ :


2010年08月24日 Posted by きたゆき at 17:02Comments(2)秋葉区

新津車両製作所

先日、一般公開のあった新津の車両製作所です。



テレビのニュースでもやっていました。周辺の人の話声に聞き耳を立てていると、新潟訛りではない方も、かなりいたように思いました。結構広い範囲の人が見に来ているようでした。

首都圏で走っている最新型の車両は主にここで造られているそうです。時々、新潟駅でも試験走行中の車両を見ることがあります。  
タグ :イベント


2009年10月13日 Posted by きたゆき at 10:32Comments(2)秋葉区

石油の里

  旧新津市の石油の里周辺に矢代田駅から歩いて行ってきました。天気が悪かったので若干辛かったです・・・icon03



 金津というところで平成8年までは石油の採掘を行っていたんだそうですface08。知りませんでした。

 「火気厳禁」て今でも燃えるんでしょうか?写真は石油の井戸で、復元されたもなのか、使用当時から現在まで残っているものなのか分かりませんが、このようなものが遊歩道などを含め一帯にありました。物によっては、実際に使っていたものをそのまま、あるいは移築したものもあるのだとか。

 ツタが絡まって若干錆びていて雨にぬれているとちょっと趣きがありますface01
  この辺の油田の最盛期は明治~大正にかけての時期で、一時期は日本一の産油量をほこったのだと資料館で見ました。当時の日本の屋台骨の一部を担っていたのですね。
 
 最近は環境問題やら温室効果ガスの規制やらで、石油は肩身が狭い世の中になりました。 だからといって過去を全否定せず、そういう時代もあったのだと事実をクールに受け止める姿勢とか、時代の証拠を残すことって大切だなと思います。

関連記事:尼瀬油田  
タグ :観光


2009年04月27日 Posted by きたゆき at 11:15Comments(0)秋葉区