☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

さようならレインボータワー




久しぶりの投稿です。
レインボータワーが解体されるということで。一枚。

故郷の景色というと、
まず新幹線から見える弥彦山や田園風景が目に入り始め、帰ってきたという実感が徐々に高まっていきます。

そして最後の締めとして、新潟駅到着の社内アナウンスとともに減速していく新幹線の車窓にうつるレインボータワーを見てホッと一息つくわけです。

新幹線あさひの時代からこの景色を見て育ったもので、寂しい気もします。

以上、私の心の故郷風景でした。  

2018年05月18日 Posted by きたゆき at 21:16Comments(0)中央区

本町市場にて思うこと

先日、古町の本町通の魚屋さんで、30cmぐらいのノドグロを買いました。値段は時価でしたが、他のスーパーと同等か、それ以下でした。(ある人へのプレゼントだったのですが、大好評でした。)

この辺りの魚屋さんは、魚を買えるだけでなく、海鮮丼や浜焼きが食べられる施設が併設されている場所がいくつかあります。

ただ、観光とするならば稼ぎ時の土日に休みの場所もちらほら見られます。

魚屋さんと立ち話で、土日は休業ですか?と、聞いたら、この店はやってますよとのこと。

ご予算と相談になりますが、注文を受けてお刺身の盛り合わせを準備することもできるそうな。
お客さんからも評判で、口コミにより他県からも注文があるそうです。

店の一角に名前の書かれた刺身入りのパックが並べられていました。恐らく予約を受けて作ったものでしょう。



ここからは余談になりますが。
近年、和食ブームと称して、今まで生魚なんか食べなかった外国人が、其々の国で、和食を食べるようになりました。また、日本には魚が高く売れるからと、魚を取りすぎて数が減り、規制対象になるという話も聞きます。


昔からそうなのかは知りませんが、日本人は欧米人に誉められたい、認められたいといった、心の病(言い過ぎかな?)的なところがあるのかなと。

和食が認められるのは悪いことではないですが、宣伝の度が過ぎて、今まで食べなかった人が急に皆で食べはじめる。供給が追い付かなくなり、昔から食べていた人が食べられなくなる。
最終的には欧米人に規制をかけられる。

こうなると、和食はむしろ日本人だけで楽しめたほうが日本にとっては幸せだったんじゃないかと思うわけです。



本町市場の魚屋さんに該当するかは分かりませんが。
昔からのお付き合い、お得意さんだけで商売が成立しているならお店としては何の問題もありません。

むしろ、お客が増えすぎて対応しきれなくなり昔からのお付き合いが疎かになることを、お店の方は気にされるのではないでしょうか。
また、観光やブームなどは一過性のもので、これに頼りすぎて昔の付き合いを蔑ろにすると、ブームが去ってからの舵取りが大変になります。


中心市街地活性化プロジェクトなるものがあるそうですが、言い出しっぺが、行政(外部)なのか、古町(内部)の人々なのかで意味合いが変わってきます。

もし、古町の人々からならば、町の人が望んでいることとして応援したくなります。しかし、行政だった場合、それは外部からの押し付けではないかと、少し気になるわけです。


何か、地域は活性化しなきゃいけないみたいな風潮はありますが(シャッター通り、閑古鳥は私も心配になりますが)。
昔からの付き合いだけで、商売が成立してるなら、それは地域に根付いた強靭な商売と言えます。これは、所謂活性化とは異なる道になります。

確かに、最近流行りの爆買いみたいな一過性の騒ぎはないかもしれませんが、地元と一緒に長く続いて行くのではないでしょうか。
(自分は爆買いブームは、遅からず終わると見ています)


新潟の場合、外から見ると観光資源が乏しそうに見えますが、地元の人は穴場を色々知っています。

新潟観光の最善手は、新潟県民の知り合いを作ってその人に聞く。これだと自分は考えています。

知っている人だけが密かに楽しめるものが沢山ある。このようなスタイルも有りなのかもしれません。  

2016年02月08日 Posted by きたゆき at 07:35Comments(0)中央区

白山公園の梅

白山公園を散歩してきました。

梅の花が・・・咲いているもの、散ってしまったもの、まだ蕾のもの、色々ありました。
ほのかに梅の香りもしました。

新潟市内で梅が見られるとことというと、自分が知っているのはこの白山公園と
新潟駅近くの蒲原神社でしょうか。

今週は中日ころに雪の予報ですが、
もう少しの辛抱です。・・と思いたい。


  

2015年03月24日 Posted by きたゆき at 15:13Comments(0)中央区

地下の特権~みなとトンネル~



写真がうまく回転しませんでした。入船みなとタワーです。
今回はここと山の下みなとタワーを結ぶ海底トンネルについてです。







トンネル距離は1.4キロぐらいでしょうか。写真は歩道の部分。
ランニングをされてる方が、日によってはぼちぼちいらっしゃいます。

新潟の冬は毎日雪で、外での運動が難しくなりますから、こういった場所が重宝するのでしょうか。
雨が当たらない地下特有の利点です。


ふと、新潟の人ってこういう場所を求めているんじゃないかなと思ったりしました。
何をするにしても、雨風に影響を受けないような場所。

町を歩くにしても、雁木やアーケードがあって傘なしで歩ける町の方が、個人的には歩きやすいような。

新潟の町は、春夏を想定するより、冬を想定するとどうなるかな~、とぼや~っと考えていました。   

2012年03月03日 Posted by きたゆき at 17:53Comments(0)中央区

新潟地震のお話(昭和39年)

新潟地震は1964年(昭和39年)6月16日(火)、新潟県粟島南方沖を震源として発生した地震です。地震の規模はM7.5。新潟市の震度は5程度。
前回に引き続き、祖父祖母と母親の話を元に書いていこうと思います。
私の家はそれほど深刻な被災ではなかったので、あまり大変な経験談ではないですが。

平日でしたので、母親は学校、祖母は新津の方へ仕事に行っていたそうです。祖父は仕事が休みで家にいました。
祖父は昼寝をしていたのですが、地震で目覚めて家具が倒れないように抑えていたそうです。
揺れがおさまると同時に、港の方で石油タンクの爆発(煙を見たのか音を聞いたのか定かでない)を知ったそうで、祖父いわく
「家の窓から顔を出したら暖かかった(熱が伝わってきた)」
とのことでした。

母親は学校にいたのですが、液状化現象で校庭が水浸しになったのが一番印象的だったそうです。

祖母は新津のあたりにいたのですが、信越本線(新津〜新潟)が運休になってしまい、徒歩で帰ってきたらしい・・・です。

祖父母の家付近は信濃川からは離れており、信濃川が逆流した津波の被害や、家屋の倒壊からは免れる事が出来ました。

後から聞いたお話ですが、昭和大橋、八千代橋が落橋してしまった中で、万代橋(当時の書き方)は多少の損傷はあったものの落橋せずに残ったそうです。お陰で現在の新潟島への救援等の行き来が出来て助かった部分があるとのこと。
また、このことで万代橋が凄い橋なんだという認識が高まり、一層新潟市のシンボル的存在になったというお話も聞きました。  

2011年03月04日 Posted by きたゆき at 09:51Comments(0)中央区

祖母の昔話

唐突ですが、祖母から聞いた昔話をしようかと思います。貴重な話で、忘れないようにということで。
今回は祖母の生まれた頃から戦争終了頃までのお話です。


昭和10年頃。祖母の本家は現在の新潟島にありました。造船関係の仕事をしていたそうです。現在でも造船所がありますが、昔は沢山の人が勤めており、朝になれば通勤する人で道が一杯になったそうです。

祖母の通っていた学校は現在の白山公園の辺りにありました(名前を忘れてしまった)。今のように5教科を教える風ではなく、お裁縫やマナー等、お嫁さん修業のようなことをしていたそうです。

そうこうしているうちに、日米戦争に入りました。新潟市も規模は小さいながらも空襲を受けたそうです。
祖母の話では爆撃ではなく機関銃掃射だったそうで、家のなかでじっとしてるか防空壕に入る等の対応だったそうです。
祖母の感想ではそれほど恐怖は感じなかったとのこと。ただし、向かいの家の柱に弾が当たって、弾跡を見たとかなんとか。

信濃川で学徒生の乗った船が触雷して沈んでしまったことがあったそうなのですが、本人は話に聞いた程度だったらしいです。

8月6日に広島に新型爆弾(原子爆弾)が投下され、新潟市も狙われているという話があり、一斉に疎開が始まりました。
そして、疎開先で終戦となったそうです。

実際、新潟市は原爆の標的にされていたのですが、天気が悪かったため落とされなかったそうです。
落とされていたら自分は恐らく生まれてなかっただろうな‥‥‥

祖母がよく言うのは、特に怖いみたいな経験はなかったけど食べるものが何にもなかった、ということ。

次回は新潟地震のお話にしようかなと思います。  

2011年02月28日 Posted by きたゆき at 09:31Comments(3)中央区

商店街で買い物を!

先日の中国総領事館の移転についてのお話に関しまして、
本日は皆様にお願いがございます。
商店街で買い物をしてみませんか?

今回の中華街の誘致について、元々の原因は、商店街
にお客が来なくなり、存続・活性化のために必死になりす
ぎた結果なのではないかと感じています。

心配事は多々ありますが、1つの方法として本町・古町商
店街で買い物をして、その際に領事館の事も含めてお話
するといった方法はとれないでしょうか。

中華街が無くても、お客として商店街を支えますとか、
今はのんびり買い物ができるけれど、治安が悪いと落ち
着かなくなるとか・・・

もし、そこまでのお話ができなくても、
昨日買った魚は美味しかったとか、また来ますとか、
その一言が、もしかしたら商店街の方の勇気付けにも
繋がるかもしれません。

最後になりますが・・・以前に書いた新潟祭り
の記事をもう一度読んでいただければと思います。

お祭りの核となれるのは神社ですが
お神輿を担いだり、花火にお金を出したりして全力で盛り
上げれるのは、昔から住んでいる、あるいはその地に骨
を埋めるであろう商店街の皆様にしかできないことなのだ
思います。

商店街を守りたい方、地域を守りたい方、まずは商店街
で買い物をしてみませんか?

PS
柾谷小路のとあるお店で・・・

こういった景色も見られなくなるかもしれません。  
タグ :商店街


2010年10月21日 Posted by きたゆき at 15:52Comments(0)中央区

中国 ノーベル平和賞と総領事館

先日の日記と合わせてお読みください。→http://m.niiblo.jp/index.php?guid=ON&blog_id=yukiyakonkon0809


本日はニュース2本をお届けします。

一本目
「中国人が建国61年ではじめてノーベル平和賞受賞」
受賞者は劉暁波氏
受賞理由はノーベル賞委員会によると
「中国で人権抑圧に目をつぶれば世界での人権基準を下げる」
「民主化運動をやろうとした」
だそうです。チベットやウイグル自地区など、問題は山積み。
また、中国政府から受賞させないように圧力がかけられたとも。

対して中国外務省は
「平和賞を冒涜するものだ」
「授与を決めたノルウェーとの関係に悪影響を及ぼすだろう」
と反発しています。

劉暁波氏は反政府派として現在服役しています。


2本目
朱鷺メッセから新潟市万代町に移設予定の中国総領事館について。

東万代町で回った回覧板で現在の様子が少しわかります。



中国との関係悪化から住民説明会を中止。
しかし、計画は依然進行中とのこと。

ちなみに領事館とは外国人のための外国人による市役所みたいなものなのですが特権があり‥‥

領事関係に関するウィーン条約
領事機関の長、若しくはその指名した者、又は派遣国の外交使節団の長の同意がある場合を除くほか、領事機関の公館で専ら領事機関の活動のために使用される部分に立ち入ってはならない。

つまり日本にある外国の領事館に日本人は何人足りも外国の許可無しに入ることができないんです。

前回の日記と合わせて読むと、領事館があることはうれしいことだけではないと感じます。  

2010年10月09日 Posted by きたゆき at 00:33Comments(0)中央区

中央区での心配

心配なことがあります。

新潟市のホームページから、中心市街地活性化
の1つの方法として、古町等に中華街を作るという
構想があるそうです。

中国は日本の領海である尖閣諸島の地下資源
(石油・天然ガス)に大変魅力を感じており、なんと
してでも手に入れたいとの姿勢が見られます。

また、今年(平成22年)に中国で制定された国防動
員法により、万万が一有事の際には、中国の人々
は外国、本国での所在を問わず中国軍の管理下に
おかれ中国を守るために行動しなければならないそ
うです。
詳しくは「国防動員法要旨」でグーグル検索してみ
てください。

日本全国の観光地では中国人観光客のマナートラ
ブルが問題になっているというお話もあります。

個人的に古町の方とお話をすることがあり、商店街
にお客を呼び戻さなければならない切実さをひしひし
と感じています。

ただ、中華街の構想については、経済効果等の利
点の部分だけが注目されており、リスクの部分に対
する配慮が少なく大変心配しております。

是非、良いところだけでなく、発生する問題について
も議論があればと思います。

現在、中国の領事館がある朱鷺メッセ


関連記事
西大畑周辺の写真  
タグ :商店街


2010年10月06日 Posted by きたゆき at 10:54Comments(4)中央区

平成22年新潟祭り

[新潟祭り] ブログ村キーワード
平成21年度はこちら その
平成21年度はこちら その

無事に今年の新潟祭りも終わりました。今回は主に二日目の住吉行列について書いていきたいと思います。
写真を沢山織り交ぜながら参ります。

お話を始める前に、まずは住吉様について簡単に。
伊邪那岐神が黄泉の国から帰って、川で禊(ミソギ)をした際に生まれた神様です。川底、川中、川面で禊をした時にそれぞれ神様が生まれましたので、三柱の神様を総称して「住吉様」と呼ぶことがあります。貿易守護、漁業守護、海上安全に関わる神様です。icon19

それでは参りましょうface02


御座舟の写真。舟にお神輿が乗っています。


ちゃんとイカリもついています。


このトラックで舟を引っ張ります。


御座舟についている旗を見てみると・・・「住吉三前大神」の文字が。


お祭りの先頭は天狗様です。三条祭りの時も先頭は天狗様でした。道祖神、道案内の神様です。



トラックにお囃子の方が乗って太鼓を叩いたり・・・



そしてお神輿を乗せた御座舟は朱鷺メッセの対岸、新潟駅側の川岸を目指します。
朱鷺メッセ展望台より


大漁旗を掲げた舟が沢山停泊しています。水上バスにはお客さんが。どうやら一緒に河口までいけるツアーがありそう・・・



お神輿が到着していざ出発face01



再び朱鷺メッセ展望台より。大船団です。


お神輿を乗せた舟は河口まで進み、海で亡くなった方の供養をしてから対岸の新潟市歴史博物館付近を目指します。
お神輿を乗せた舟はこんな舟。


その後、再び御座舟に乗せて白山神社まで戻ってきます。

夜は一斉に・・・この迫力は実際に見ないと伝わらないicon11


こうして二日目は終了しました。
海で亡くなった方の供養、豊漁祈願、海上交通の安全・・・港町で糧を得るためには皆無くてはならないものです。その安全を祈願することが昔から現在まで伝わっています。
・・・どうか本年無事に終わり、また豊漁でありますように・・・  
タグ :観光


2010年08月10日 Posted by きたゆき at 07:00Comments(2)中央区

五穀八分のでき、水は良い

さあさあいよいよ新潟県もお祭りの季節でございますface01
今年はいくつ巡れるのか?

本日のご紹介は、先日行われました、蒲原神社のお託宣(おたくせん)の結果です。
830年続く歴史のあるお祭りです。

蒲原神社に祀られている神様で五穀豊穣のご利益がある5柱の神様は
土:埴山姫之神
水:水波乃売之神
火:迦具土之神
金:金山彦之神
木:久久廼智命
この土、水、火、金(カネじゃなくて金属)、木というのは五行思想と呼ばれるもので、太古の昔から自然の構成要素と考えられていました。ですので五穀豊穣のご利益にも結びつくのだそうです。
この思想の起源は秦帝国ができるかできないかのころだそうな。2300年ぐらい前かな?それが後々日本に伝わってきました。


さてさて結果は?
神主様がおみくじを引いて、今年のお米のできを占います。
結果は・・「五穀八分のでき、水は良い」・・・だそうです。
占い結果は報道もされたでしょうか?

水は良いというのがどういう意味なのか・・・
他のものはどうなるか分からないけど水だけは心配するな?
他のものも良いけれど水は特に良いよ? ちょっと考えさせられます。

夜の10時からでしたが、神社本殿の前には沢山の人がいて占い結果を今か今かと食い入るように見つめていました。やはり米どころ新潟ですからお米のできは気にかかるところなのでしょうか。

占いの結果が良くても悪くても、当たっても外れても、稲作を心配すること。上手くできたら感謝しながら新米を味わうこと。
自分の生活を支えている人、物、環境を把握して謙虚であることって大切だと思います。

今年の稲作も無事に豊作でありますように。

  
タグ :治水


2010年07月04日 Posted by きたゆき at 00:16Comments(2)中央区

古町と堀と国体と

古町の下の方の通りです。かつての新潟市の中心は古町周辺でした。



祖父の話では、昔は堀があって芸者さんがいて柳があって京都みたいだったという話を聞きました。

調べてみると、江戸時代ごろは日本でも指折りの遊郭だったのだとか。昭和に入ってからも高級料亭が沢山あったそうです。場所によっては当時から残っているものもあるとのこと。

しかし、度重なる災害によって町の様子は一変。さらに堀の水質の悪化と、昭和の国体への備えのため、堀を全て埋め立てて道路にしてしまったということです。

水質悪化の原因は、資料では地盤沈下と生活廃水の流入ということになっていましたが・・・・

市街地の開発変化は激しいものです。かつての面影を感じられるものはあまり残っていないかもしれません。

それが市街地の宿命なのかもしれません。  

2009年10月17日 Posted by きたゆき at 11:13Comments(0)中央区

商店街 本町編

 新潟市古町の近く、本町通りを新潟市歴史博物館の方に歩いていったところにある商店街です。



 思えば、この商店街を見たときに、新潟県を放浪しようと決めた気がします。確か2年前だったかな?夕飯時になると、あちらこちらで新潟弁が飛び交い、周辺からいい匂いがしてくる。この雰囲気がとても落ち着きますface02
 
 こういった昔ながらの商店街って本来は、観光客のためというよりは、地元の人の地元の人による地元の人のためのものなのでないかなと感じます。face01

 極論ですが、昔は魚屋さん、八百屋さん、米屋さん、酒屋さん、肉屋さん・・・・などがあってそれぞれが作ったものをその地域だけで売り買いできたのではないかと思います?(間にお金が入りますが実質的には物々交換に近いのではないでしょうか)。 昔は、やろうとおもえば自分たちの地域だけで自活することができて、それはそれでバランスがとれていたのではないかと感じます。最近では外部からの要因(県外事情、海外事情、経済etc)が大きいので、なかなか昔と同じようにはいかないかもしれませんが・・・・face06

 別件ですが、古町の周辺は昭和の中ごろに大きな火事がありました。当然、木造の家は多くが焼けてしまったことと思います。鉄筋コンクリートの町並みだとなんだかちょっと・・・と思う人もいるかもしれません。しかし、当時の人にしてみれば、火事の度に町が焼け野原になってしまうのは困るので、その後鉄筋コンクリートの建物が増えるというのは自然の流れだったのかなとちょっと思いました。
 今日は長々とすいませんでした。  
タグ :商店街


2009年08月17日 Posted by きたゆき at 13:38Comments(2)中央区

商店街 古町編

 新潟市古町の商店街です。
 


 白山神社のほうの商店街は着々と改装工事が進んでいます。とてもきれいになっていました。face01 お洒落な洋服屋さんが沢山出来ましたが、お洒落すぎて自分にはちょっと入れないかもですicon11小さいころから何度か通って見ていますが、変わってしまったお店も変わってないお店もあります。変わってないお店は本屋さんや食べ物屋さんが多いように感じます。(自分だけかな?icon11)

  
タグ :商店街


2009年08月11日 Posted by きたゆき at 17:19Comments(0)中央区

新潟祭り2

 昨日で全て終了しました。
 この不況にも関わらず、花火大会を行ってくださった皆様には本当に感謝申し上げます。本当にきれいでした。face02
 
 
 花火の写真はうまく撮影できなかったので、民謡流しの写真にしました。
 前回の記事で書いた、住吉神社の神様は現在は白山神社の境内にお祀りされているようです。ちゃんとお参りしてきました。face01

 ちょっとウンチクになるかもしれませんが、思ったことがあるので少々。

 お祭りという言葉は、現在ではイベントなどの意味も含めて使われることがありますが、もともとの意味は神様を祀るための儀式を言います。face01

 辞書的な意味ですが
 「祭」 供え物や祭壇を清める儀式を行い、神霊をまつる。
 「祀」 神や先祖をまつる。                    となっています。

 というわけで、神社のお祭りの時には神社にお参りに行きましょう。さらにその神社の神様が何のご利益のある神様なのかも知っておくとベターです。それにしても蒲原祭りの時の蒲原神社への参拝客の行列はすごかったな〜


  
タグ :


2009年08月10日 Posted by きたゆき at 13:52Comments(0)中央区

新潟祭り

 昔はよく家族で見に行っていました。

 新潟市の皆さんはご存知かと思いますが、昔の川開きとか、住吉神社のお祭りなどを集約したのがはじまりで、最初は8月の末に行っていました。

 先日は大民謡流し、久しぶりに新潟甚句を聞いていよいよ夏だなと感じましたicon01
 民謡流しに参加しているのは、新潟市及びその近郊にある企業の方々が多いなと感じました。企業によって着物が違うのが見ていて楽しかったです。


 ちょっと気になったのが、住吉神社のお社にご神体らしきものが無かったことです。白山神社の方に移動しているのでしょうか?

 明日は花火です。よい天気になりますようにface10

  
タグ :


2009年08月08日 Posted by きたゆき at 15:02Comments(0)中央区

旧税関

  新潟市中央区で数少ない観光地&港町っぽい建物の旧税関庁舎。



  開港五港の港町で当時の税関庁舎が残っているのは新潟だけだという話を聞いたことがあります。解体修復などの工事は行っているようですが。

  自分はこれや、県会議事堂のような建物を見ると落ち着くんですよね。中に入るともっと落ち着くんですがface01

  外壁の白黒の縞々はなまこ壁と呼ばれるもので、耐火性に優れているそうです。そういえば新発田城のやぐらにも使われていた気がする。  
タグ :観光


2009年07月22日 Posted by きたゆき at 12:12Comments(0)中央区

蒲原祭り

  いよいよ全国的に祭りの季節になりました。あちこち巡ろうかと思いますが、このブログでは事後報告になってしまうかと思うのでご了承ください。気になる方は来年行ってみてくださいface01

 先日行われた蒲原祭りの時の写真です




 ここに社が建ったのが江戸時代の前期ぐらいで、神社自体はもっと昔からあったようです。五穀豊穣を祈願するお祭りで、祖母に聞いたら、毎年テレビで祈願の結果を放送しているそうですが、今年は放送がなかったような気がすると言っていましたicon11

 出店の数が多かったです。そして、こういった形のものは初めてみたのですがicon15



 手作りのお化け屋敷です。入ってはいないですがいい味をだしていましたface10

 大晦日のような行列に並び神社にお参りして帰ってきました。ちょっとエネルギーをもらえたかな?  
タグ :


2009年07月08日 Posted by きたゆき at 18:23Comments(2)中央区

中央区観光ルート

  新潟ふるさと村にて

  新潟県が運営しているのかな?先月のGWに行ったのですが、繁盛していました。関西ナンバーの車もちらほら。
 
 新潟市中央区で観光案内するとしたら、新潟駅→萬代橋→新潟市歴史博物館周辺→水上バス→ふるさと村
余裕があれば、朱鷺メッセの屋上展望台から夜景を見るなんていうのもgoodですface01基本的にどの季節にきても周れる安定したコースかと思います。face02


新潟市中央区周辺の関連記事はこちらですicon15

萬代橋
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e21618.html

新潟市歴史博物館
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e17139.html
旧税関
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e26800.html

朱鷺メッセ
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e20274.html

NEXT21
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e22293.html

古町商店街
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e28577.html

本町商店街
http://yukiyakonkon0809.niiblo.jp/e29070.html  
タグ :観光


2009年06月23日 Posted by きたゆき at 10:36Comments(2)中央区

NEXT21からの夜景

  NEXT21の展望台は無料で入ることができます。



 きれいな夜景でした。

 昼も入れます。景色を見るには、青い空と新緑のちょうど今頃がお勧めです。冬場のどんよりした景色がいいという方もいらっしゃるかもしれませんがicon11

 新潟の親戚の家に来るときに、新幹線を使うことがあるのですが、遠目にレインボータワーとNEXT21が見えてくると、やっと到着という感じで落ち着きます。  
タグ :観光


2009年05月23日 Posted by きたゆき at 10:33Comments(0)中央区