☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

新潟県知事の出身地を明治時代から並べたら?

三島億二郎日記を調べている中で、ウィキペディアから興味深い(と個人的には思った)部分がありましたので、 記事にして紹介します。
歴代の新潟県知事がどこの出身だったか? というものです。
三島億二郎日記を読んでいると、ちょこちょこ新潟県知事に〇〇のお願いに行ったという記述が見られます。
ですので、新潟県知事のデータは三島億二郎日記の書かれた時期の背景を知る上で後々参考になるかもと思い、取っておくことにしました。
では、リストとグラフを示します。
恐れ入りますが県知事の皆様の敬称は略させていただきます。

注意
1.在任期間のカウントについては厳密には日数でカウントすべきです。
しかし、全部やるのは手間なのと、概要がなんとなく分かれば良いという判断から、 下記のようにカウントしている部分があります。


千頭 清臣 1900年1月19日~1900年9月8日=1年とみなす

ですので、本グラフは厳密ではありません。

2.肥前国と佐賀県 長門国と山口県は同郷としてカウントします。

新潟県知事の出身地を明治時代から並べたら?

新潟県知事の出身地を明治時代から並べたら?

参考データ
新潟県知事一覧 - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7

明治~戦後までは県知事は官選制だったのでそもそも今のように一般庶民が選挙で知事を選ぶというようなことはありませんでした。 明治政府が任命していたようです。 明治初期は所謂、薩長土肥の皆様が来ていたのが一目瞭然でした。
(ここまであからさまとは…)
廃藩置県から戦後までの約半分の期間が薩長土肥です。

他の県もこのような感じだったのか、比較してみるのも面白いかもしれません。

戦後はほぼほぼ新潟出身の方々でした。


☆クリック頂けると励みになります☆ にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
石川雲蝶の彫刻を描いてみた その七      「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その六」
三島億二郎日記をよんでみた その2
北越戦争時の著名人の年齢を並べてみた
石川雲蝶の彫刻を描いてみた その六      「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その五」
石川雲蝶の彫刻を描いてみた その五    「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その四」
コロナウイルスは強毒化しているのか?
同じカテゴリー(独り言)の記事
 石川雲蝶の彫刻を描いてみた その七 「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その六」 (2021-04-21 21:49)
 三島億二郎日記をよんでみた その2 (2021-04-02 18:52)
 北越戦争時の著名人の年齢を並べてみた (2021-03-30 13:02)
 今日この頃、youtubeチャンネルのご紹介 (2021-03-21 08:55)
 石川雲蝶の彫刻を描いてみた その六 「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その五」 (2021-03-18 20:16)
 石川雲蝶の彫刻を描いてみた その五 「国内のコロナ陽性者数VS空港検疫で陽性となった人数その四」 (2021-02-17 23:17)

2021年03月16日 Posted byきたゆき at 19:10 │Comments(2)独り言データで分析 新潟県

この記事へのコメント
素晴らしいデーターですね。
おもしろいです。参考にさせてもらいます。
ありがとうございます(^o^)
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2021年03月17日 08:38
越後OYAJIさん
お久しぶりです。

所謂、「藩閥政治」というものの一端を垣間見たような気がしました(笑)
ウィキペディアの内容を読んでいて「薩摩多いなー。割合的にどんなもんかな?」と思ったのが切っ掛けでしたが。
噂には聞いていましたが、ここまであからさまに長い期間だったとは私も驚きました。
Posted by きたゆききたゆき at 2021年03月17日 13:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。